表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある周囲の人々 書道展情報書道展情報へ


 鎌田舜英 周囲の人々 


わたしの「書」に影響を与えた人と作品を紹介します

  佐藤 中隠(ちゅういん) 先生 (1927 〜 1997)
佐藤中隠先生

 先生のこと

 先生は、青森県立弘前中央高等学校から、晩年は弘前大学で書道を担当されていました。

 私が初めて先生とお会いしたのは、青森県立弘前中央高等学校の書道室でした。 当時、音楽サークルに所属していた私を有無も云わさず書道部へと導いたのも他ならぬ先生でした。

 私はもの心ついた頃から書道に親しみましたが、先生の書は今までの私の書道の概念を大きく変えることになりました。

 もう、この世に先生はおりませんが、先生が私に示してくれた作品の軌跡をも少しずつ紹介してみたいと思います。

佐藤中隠 作品集佐藤中隠作品集へ ( 224 KB )


先頭行へ先頭行へ

  鎌田 哲三 (1932 〜 1995)
鎌田哲三 (右) 近影

 父のこと

 私は父に培われて書を始めました。 父はおそらく私に絵を描かせたかったのだろうと思いますが、私は父のスパルタ教育に反抗し、絵の道を選びませんでした。

 父は日本画を故 岡部陽氏に、版画は加藤武夫氏に師事し、生涯にわたり日本画と版画に取り組みました。

 もう父もこの世にはおりませんが、私がこのようにホームページで作品を紹介しようという考えを知ったならば、かえって父を怒らせてしまうことになったかもしれません。

 しかし、ほんの少しでも父が生きた記録を、形として残したいと思います。

鎌田哲三 作品集鎌田哲三作品集へ ( 204 KB )


先頭行へ先頭行へ

  鎌田 乃代 (1937 〜 )
鎌田乃代 近影

 母のこと

 ものごころついた時、筆を教えてくれたのが他ならぬ母でした。 母は俳句と書道をたしなんでいます。

 父が亡くなってから、何を思ったのか俳画や短歌、詩歌にも手を出し、カルチャーの女王ばりの活動力を示してくれています。

 今では、良きアドバイザーであり心のよりどころでもある母の活動も形にしてみたいと思い、ページを作ってみました。


 【 鎌田乃代作品集 】
  俳句 1 / 俳句 2 / 短歌 / 川柳 / 詩歌 / 俳画

  『鎌田乃代作品集 螢の灯』 の購入を希望される方へ

先頭行へ先頭行へ

  溝江 (すぐる) 氏 (1932 〜 2009)
溝江豪 氏 (左)近影
溝江夫妻 (十和田市の野外文芸館で撮影)

 溝江 豪氏のこと

 溝江豪氏は、わたしの叔父です。 早くから、新聞や雑誌の文芸欄(詩や川柳)をにぎわしている尊敬する叔父さんです。 病気をきっかけに始めたらしい投稿も数知れず、たくさんの指標と勇気をわたしに与えて下さいました。

 わたしは、叔父の詩集「黎明」の題字を書かせて頂きました。 病気とは思えない透徹した眼差しとその作品の中にかいまみせるペーソスが、きっとドラマチックな場面を想像させてくれると思います。 一部、詩も書で書かせていただきました。

 なかなか外に出ることの出来ない叔父ですが、作品は是非紹介していきたいと思います。 どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。  次の 書道展情報 をご覧下さい。


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項