表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集 (資料編)の下層にある

日展に出品する人のための最近の傾向と対策 1



最新の開催年(2014年〜現在)は、

日展に出品する人のための最近の傾向と対策 その2

をご覧ください。



このページは毎年、社団法人 日展から送付される書類の中から、「応募点数等 ・ 審査所感」 を、原文のまま抜粋させていただきました。
日展に出品される方に少しでも参考にしていただければ幸いです。

下方にある各年のリンクに移動します。

  1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 /
  2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
  2011 / 2012 / 2013

※ 原文からの抜粋のため、表記中の敬称は略させていただきました。



.
第45回 日展  平成25年度 (2013年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
527
204
22
2,136
564
65
171
120
12
856
496
46
10,229
974
156
13,919
2,358
301

審査所感  第 5科 書  <審査主任 樽本樹邨>

 本年度も書部門の応募点数は1万点を超えました。そのうち入選数は974点と1割にも満たないほどの厳選でした。この厳しい中での入選作品の選出にあたりましては、とにかく良い作品を選ぶという心構えで臨みました。 この大きな日展という展覧会では、出品作がこれまで学んで培ったものを総ざらいして試行錯誤し、真剣に生みだした練度の高い作品群であるため、審査は難航しました。特に今回の作品について気がついた事は、余白を強調したもの、躍動感のあるもの、古典的な文字で構成されたものなど画一的ではない個性が見え、将来につながっていってほしいと願っています。 特選の選考は新鮮にして自己主張のある、レベルの高い作品ばかりでしたが、その中でアカデミズムのある作品が選ばれました。特に調和体はまず「読める書」を意識しています。その上に内容が深く、全体に調和がとれている作品に決定しました。特記すべき事は、この調和体の部門に2点の特選が決定したことです。誠に喜ばしい事で今後の成り行きが注目されます。 近年の書の傾向として、奇を衒ったような作品が流行っている向きもありますが、根底には古典の匂いもなく、その人自身の顔も現われては来ません。伝統を重視し、格調高く、しかし新しい時代の息吹も取り入れて突き進む日展の芸術を、今後も発展させ、牽引する作家が書の部門でたくさん出現することを期待しています。

先頭行へ先頭行へ


.
第44回 日展  平成24年度 (2012年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
564
209
27
2,158
635
81
175
119
13
850
486
37
10,385
974
157
14,132
2,423
315

審査所感  第 5科 書  <審査主任 新井光風>

 伝統と歴史と、その質の高さを誇る日展第五科<書>、応募点数は、今年も一万点を超えました。 入選作品は一割にも満たない厳選の状況が続きます。  入選作品の選出に当っては、わが国の書の美を代表する日展という舞台にふさわしく、書の本質的な内容を内蔵した、いい作品を選ぶという心構えで臨みました。 古典によって基盤を築き古典を乗り越えて新風を吹き込み、自らの道を切り開いた意欲的な作品や、書の根源的な線そのものの比重を高め、書の本質を追求する作品など、確かな方向性を示す作品は評価されています。 調和体作品は歴史が浅く、色々な問題を含んでいますが、線を尊重する本来的な姿勢のきざしが見え始めてきたようです。 また師風追従形の作品は次第に少なくなってきた感があり、進歩の一つだと受け止めています。 総体的にみて、いろいろな面での期待が高まります。

先頭行へ先頭行へ


.
第43回 日展  平成23年度 (2011年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
550
216
29
2,136
598
81
177
115
13
869
476
31
10,346
967
178
14,078
2,372
332

審査所感  第 5科 書  <審査主任 池田桂鳳>

 書部門の応募点数は、ここ数年連続して1万点を越えている。 そのうち本年度の入選点数は967点で、1割にも満たない激戦でした。
 日展における書のあり方は、伝統をふまえた現代的な表現をいかに生み出すかが基本的な方向性だと認識しています。 その方向性にそって今年も審査をしましたが、特に次世代を担う若い作家の作品を見落さないよう意を用いました。 作品の格差は古典の習熟度にあります。 師風を追随しているような作品や、独善に走った作品は決して高い評価を得ることはできません。
 温故知新を座右の銘に置き、文字性を大切に扱うことを基本に、誤字脱字を許さずに高い知性のもと、技術を磨き、感性を養って、新鮮な個性豊かな、格調の高い作品を創造して行かなくてはなりません。
 特選作品は入選作品を代表する作品です。 それと同時に、将来に期待できる可能性も備えていなければなりません。 観る人々に感動を与える作品こそが芸術性豊かな書であることは言うまでもありません。
 今後の書文化を発展させる牽引者となって頂ける多くの作家の出現を期待いたします。

先頭行へ先頭行へ


.
第42回 日展  平成22年度 (2010年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
600
224
28
2,122
580
75

921
450
23
10,419
974
192
 

審査所感  第 5科 書  <審査主任 井茂圭洞>

本年の書の出品点数は 10,419点に及び、とても多数の作家からの応募がありました。
その中で入選数は 974点と極めて少数で、落選率は 91パーセントという高率でした。
鑑審査に当りましては、空海の言にありますように、結裹(字画の正しさ)だけでなく作家自身の懐抱が如何に散逸され、気韻生動の美が表現されているかという点に注意を払いました。
今回の作品の中には、鋭い感性を伴う練度の高いものが多くあり、日頃の古典に対する真摯な研究態度が伺え安堵いたしました。
しかし、まだ師風追随の作品も散見され、これは今後の課題とせねばならないと思っております。
鑑査は、一次、二次、三次と全審査員が慎重かつ厳正な態度で行い、良い作品を一点たりとも見落とすことのないように心掛けました。
特に三次審査は入落の境となりますので、心を引き締めてその任に当りました。
漢字、かな、篆刻の入選作は長い伝統に支えられた古典の精神を生かし、旺盛な気力のある作品が多かったことが、本年の特徴の一つかと思います。
また、調和体部門は歴史は浅いものの可読性を重視していることもあり、少し安定感が増してきたことから今後に明るさを感じさせてくれました。
特選作品は書を代表する作品でもあります。
新鮮にして自己主張のある、練度の高い作品の発掘に意を払って審査いたしました。
言うまでもなく、文字には意思伝達の記号という側面があります。
しかし、それがもつ造形美、書の余白美、そして書線に籠められた魂こそが我が国文化の発展に寄与するものと固く信じております。

先頭行へ先頭行へ


.
第41回 日展  平成21年度 (2009年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
631
223
28
2,101
573
77
197
136
11
976
456
41
10,426
974
184
14,331
2,362
341

審査所感  第 5科 書  <審査主任 栗原蘆水>

 3年連続して書部門の応募数は 1万点を越えました。 然し会場の陳列可能数からして 974点の入選しか許されず一割弱の入選率となり、この厳しい狭き門の鑑別は、なかなか責任を感じる大変な作業となりました。
 連続して頑張る常連作家に加えて、次の時代の日展の書を担ってくれる期待の作家を見逃さない様に特に注意して選考に当りました。 書学の基本となる多くの古典を我々の感覚とは異なった学び方と申しますか、年齢差を感じさせられる一部の作品に出合えましたことは大きな収穫の一つであったと思います。
 書の上達は、やはり伝統ある古典の数々を習い続ける修練の積み重ねが基礎になると思います。 素晴らしい古人の肉筆、格調の高い名蹟からエキスを感受し、それに独自の個性の加わったもの、これが我々の生涯追求する目標だと思っております。 いつ届くか、或いは届かないままか、追い続け求め続けたいものです。
 特選作品は、この道 30年、40年のベテラン作家ばかりで円熟味もあり将来更に飛躍の期待の出来る作家の受賞となりました。 今後の書道界の牽引者となって頂けることにも大いに期待しております。

先頭行へ先頭行へ


.
第40回 日展  平成20年度 (2008年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
637
222
36
2,099
519
82
214
137
10
996
501
29
10,573
970
199
14,519
2,349
356

審査所感  第 5科 書  <審査主任 日比野光鳳>

 日展に第五科「書」部門が 1948年に設立されて、本年で 60年という記念すべき年度、多くの先輩先生のおかげで、日本書壇の最高峰として定着し、応募点数も 10,573点を数えました。 それに対して、入選点数は 970点であることから大変な狭き門、審査は非常に困難を極めました。
 作品制作においては、出品者すべてが、それぞれに悩み苦しんでいることでしょうが、古典を長く習い、書の基本が出来ていても、その作品がアピールしてくる何かというか、作品がおのずから発する光というものがなければ、なかなか入選に結びつかないというのが、日展のむずかしさであり、またそのハードルの高さが日展の魅力ではないかと思います。
 書という非常に歴史のある分野でも、現代の息吹を呼吸していなければ、「今」通用するとはいえません。 勉強にあたっては視野を広くとり、古きものから逸脱しない範囲で、より自由な発想を持つことが重要ではないかと、今回の審査期間中、わたくしはずっと考えておりました。

特選について
 本年も、特選の選出には長い時間を費やして、慎重に検討、吟味いたしました。 審査員一人一人の意向も十分に配慮し、漢字 5、かな 3、篆刻 1、調和体 1の 10点を厳選いたしました。 どの作品も、ベテランらしい卓越した技術に加え、清新ながらも円熟の味わいのある格調の高い素晴しい書作品でありました。

先頭行へ先頭行へ


.
第39回 日展  平成19年度 (2007年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
650
226
24
2,044
521
66
241
166
14
1,095
512
33
10,648
952
211
14,678
2,377
348

審査所感  第 5科 書  <審査主任 栗原蘆水>

 日展100年・新美術館での開催と記念すべき年に書部門の応募は遂に 10,648点と昨年より 1,055点増の1万の大台にのりました。 然し陳列出来る入選可能数は 952点と極めて厳しい狭き門となりました。
 書学の登龍門と申しますか、日展に入選したいとの願望、入選の魅力は根強いものだと今更の如く感じさせられます。 我々審査員もおのずから緊張し慎重に選に当たりました。
 長い伝統を持つ書の多くの名蹟をよく習った上に現代的創意を加えた書と申しますか、基礎のしっかりした作品がやはり最後まで残ってきました。 日頃からの錬磨がいかに大切なことかとよくわかります。
 何事も一朝一夕に水準の高いものは出来ません。 古典をお手本にそれぞれが持っている感性でより高くより深い探究を続け更なる飛躍を期待いたします。

先頭行へ先頭行へ


.
第38回 日展  平成18年度 (2006年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
625
250
42
1,974
471
49
231
153
14
1,095
617
45
9,593
763
130
13,526
2,255
279

審査所感  第 5科 書  <審査主任 日比野光鳳>

 今年は昨年度より 590点の出品数の増加があり 9,593点もの応募がありました。 それに対して入選はわずか 763点で、92.2%の作品が選外となり、桁外れの狭き門。 わたくしたち審査員にとっては、こんな良い作品までをも選外にしなくてはという悩みを持つことでもありました。 多くの作品を見て思うことは、やはり作品の持つ魅力というか、要するに感動できる作品であるか、錬度の高さはどうかが、入落の大きなポイントとなります。
  しかし、漢字・かな・篆刻という伝統分野は、やむを得ないとはいえ、やはり会派色や師風が強く、安定はしているものの、個人が古典に対峙し、そのなかから新しい何かをつかもうという姿が明確に見えてこない作品が散見されました。 また、今後の展開が重要な調和体部門は、基本的には、漢字やかななどのホームグランドで、ある程度成績を残した人が挑戦するべき開拓地で、初学には向かないと思っています。

特選について
 検討に検討を重ね、漢字 5、かな 3、篆刻 1、調和体 1の10点を厳選。 いづれの作品も伝統をふまえながら、今日的感性豊かで、清新な活力にみち、格調高い個性と風格をもった優作であります。 来年からの新会場に、さらなる秀作が多数展示されることを願うとき、出品者各位にも、あらたなるスタートで仕切り直ししていただきたいと希望を持っているところです。

先頭行へ先頭行へ


.
第37回 日展  平成17年度 (2005年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
625
250
29
1,953
490
62
237
167
20
1,091
627
44
9,003
750
122
12,909
2,284
277

審査所感  第 5科 書  <審査主任 小林斗あん>

 今年の審査に当って先ず思い出したことは、昭和 23年日展という大きな舞台に初登場した作家達が、発憤興起し百花叢生した壮観を想起したことである。
 今年は 9,000点を超える厖大な出品があり、5科の内で書の出品だけが断然多い。 これに対して、書は筆と紙があれば出品出来る安直な藝だからあんな数になると、揶揄し批判する人がいる。 私はこうした不見識な妄言を斥けて、書は藝術として非常に高い地歩を占めるものだと反論する。
 さて、審査を開始した時、この盛況の中に冒頭に述べたような卓抜清新な作品を発見出来るかという期待が第一にあった。
 私は篆刻家だから、篆書の作品を一番に注目する。 甲骨金文は字形が面白いので作品に応用し易いのか、金文調の作品が多い。 ただほんの一部を除いて、文字学の約束事を無視(知らない人が多い)して、字書に見る字形を恣意に歪曲した作品が多い。 これは文字を冒涜するものといってよい。 隷書は殆ど見るに足るものがない。
 楷書の作品が殆どない。 昔は初学は三年五年楷書だけ習え、他の書体には手を出すなと教えられたものだった。 今は逆で、行草を先に書かせるようだ。
 今の行草が一般に骨格に欠けるのは、楷書の基本が身についていない為ではないか。 行草のみならず、全体に言えることは、字形に対する感覚がにぶい。 更に更に神経を研ぎすまして欲しいと思う。
 大字かな・篆刻・調和体もまったく同様の指摘をしたい。
 大字かなの作中の漢字のマズサ、調和体の一部に字形の歪曲によって新味を求める一派があるが、その方法の浅薄さ底の浅さが目立つ。
 篆刻は、勉強することが山ほどある。 今の人はただ印が刻れればよいと思っているようだ。 私のような不学の者が説教する資格はないが、再思再考を願いたい。

先頭行へ先頭行へ


.
第36回 日展  平成16年度 (2004年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
628
247
34
1,957
401
40
243
166
21
1,086
601
45
8,105
750
166
12,019
2,165
306

審査所感  第 5科 書  <審査主任 津金孝邦>

 中には見当はずれの作品もありましたが、8,000点を超す出品の中だから、と言うつもりはありません。 確信に満ちた作品もあるのですから。 書の魅力は、古典を源流とする流れの先に、先人の努力の結晶が現在の姿となった、自然に極く自然に成立したものだと考えています。 これに磨きをかけるのは私共でなくてはなりません。 だからこそ、8,000点に及ぶ作品が応募となって、情熱が一点集中してくるのです。
漢字作品の諸相は、大字・中字・小字、何れにしても、力のこもった筆致が、作者の心情となって林立の観を呈したと言ってよろしいかと思います。
仮名作品では、長文のものから、短文を書きこんで空間を豊かに遊ぶ、という境地の作品が目立ちました。
勿論、帖や巻子といった仮名本来の姿に、情熱をうちこんだ仕事にも感激を深めました。
篆刻では、方寸の世界に刀を当てた渾身の命が、印材に実に良くちりばめられて、ここにも今の時を告知しているものが濃厚です。
 特選作品は、自ら至るところに至ったという趣があります。 数々のライバルにせり勝った面々には、何故か格調の高さが目立ちました。 或いは強い、或いは繊細に、そして思いきり華やかに、そして剛柔に、夫々が活躍の舞台を得たことに祝福をおくります。
 さて、今年の特長の一つに、調和体の99点増ということがあります。 民族の言語文化と書とが、正に一体化することの喜びを禁じ得ません。
 今一つ、ご関係のご努力が実り、壁面とケースが増え、計16点の陳列増となりました。

先頭行へ先頭行へ


.
第35回 日展  平成15年度 (2003年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
650
250
26
2,008
398
35
255
177
19
1,129
625
59
8,196
734
167
12,238
2,184
306

審査所感  第 5科 書  <審査主任 榎倉香邨>

 本年度第35回の書部門の応募点数は、8,196点で昨年に比して僅かながら減少はしたものの、入選は734点と例年と同じく極めて厳しい狭き門となりました。 ただ新入選は167点と例年に比して多く、新しい息吹の力強さを感じました。
 審査は極めて慎重に且つ従来の方向に流れることなく、力量のある作品を発掘すべく審査員全員が厳正に執行しました。 何といっても練度の高い作品が優位に進行し、しかも古典の美しさを自己の呼吸に合せて、それを表現の糧として、余白の美しく活躍する作品がめだっていました。 そしてその表現には旺盛な気力のあることが最も大切だと痛感しました。
 漢字、かな、篆刻はそれぞれ長い伝統の上に、「今」という時間そして空間にどう向き合うかが最大の課題になっていると感じました。 一方出品作家には定着しつつある現代のことばを書く調和体部門では、故意ともみえる変化は認められず、静逸で余裕のある作品が求められ、新しい分野の方向性が垣間みられる思いがしました。
 特選作品は例年に同じく、激しいまでの空気の中での決定となりました。 漢字五、かな三、篆刻一、調和体一はいずれも古意を含みながら自己主張を試み、個性の豊かな秀作を選定できました。
 日展に於ける書の充実が、すべての我が国書文化の拡充につながることを思う時、ますますの発展を願ってやみません。

先頭行へ先頭行へ


.
第34回 日展  平成14年度 (2002年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
652
252
35
2,059
397
39
248
173
20
1,133
625
67
8,265
707
146
12,357
2,154
307

審査所感  第 5科 書  <審査主任 古谷蒼韻>

 応募数は例年とほぼ同じの 8,265点。 その 8.6%にあたる 707点が入選。 陳列壁面に限度があり極めて厳しい結果となった。
 入選作品は、いずれも精彩に富み錬度も高くしかるべき水準を示していた。
 応募作品全般の内容については、例年なみとはいえ必ずしも満足できる状態ではなかった。 一層の熱意と格別の努力の蓄積を願いたいとは多くの審査員の一致した感想であった。
 漢字、かな、篆刻の作品は、長い伝統を踏まえ数多い名蹟に接しているためか安定感があった。 しかし、安定の中に安住してしまうと魅力が失せてしまう。 古典という宝庫から、自分独自の感性で、何をどのように活かして個性をつくりあげるかという、そんな自覚を持つ人が増えてほしいと思った。
 調和体は、書の古典に対する究め方の深浅によって質差が生まれる。 漢字、かなの古典を軽視して調和体だけを勉強してもよくなることはない。 今後の書の大切な部門だけに、正統な方向の模索と輝かしい発展とを期待したい。
 出品作家に期待することは、技術的な錬磨と共に、視覚を超えた世界にも意を注ぎ、心に訴えかけるような作品にも心がけてほしいことである。

特選について
 特選作品の選考については、始めに第一次候補作品 50数点を選出。 審査員の慎重な話し合いにより 22点を最終候補作品とし、次いで全審査員による無記名各部門毎の連記投票によって上位 10点を選出し特選とした。 内訳は漢字 5点、かな 3点、篆刻 1点、調和体 1点である。 それぞれの作品は、よき伝統の精髄を現代的な感性で濾過し、独自性豊かな個性と風格を具備した優作である。

先頭行へ先頭行へ


.
第33回 日展  平成13年度 (2001年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
691
250
35
2,154
401
38
252
172
15
1,161
623
54
8,390
706
120
12,648
2,152
262

審査所感  第 5科 書  <審査主任 栗原蘆水>

 例年と大差なく第33回展の書部門は 8,390点の応募となりました。
 陳列壁面に限りがありますので入選数は僅かに 706点と極めて厳しい狭き門となりました。
 鑑審査は慎重に各各の作品を吟味して決定いたしました。 何と言っても錬度の高い気力の充実した、生き生きとした作品でないと選ばれなかった様に思いました。 どこかに古典に学んだよさを取り入れた味わいの深い作品がどうしても目にとまりました。 古典に立脚することの大切さを今更の如く感じさせられました。
 数年前から特に目立ってきた、話し言葉をそのまま書作として作り上げる調和体部門の作品も、年毎に応募数も増加し、安定度を加えてきたように思いました。 誰にでも文章の意味も理解して頂け、その上美的で心よい感じを伝えてくれる作品が増加することに大きな期待を持っております。
 今世紀は前述のような作品を求めて更に大きく発展してほしいと念じております。

先頭行へ先頭行へ


.
第32回 日展  平成12年度 (2000年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
693
250
29
2,160
428
52
272
179
18
1,132
613
53
8,473
705
142
12,730
2,175
294

審査所感  第 5科 書  <審査主任 古谷蒼韻>

 本年の第5科の応募点数は前年より若干の増加をみた。 厳選の結果応募点数の約 8%にあたる 705点が入選し、新入選はその 20%の 142点で、新人の目覚ましい台頭が目立った。
 応募の作品は、気力が横溢して錬度も高く見るべき作品が多かった。 漢字・かな・篆刻の作品は、長い伝統を踏まえているためか安定感があり、古典の精髄に接することのいかに大切かを示していた。 調和体の作品は、まだまだ研究の余地を残しているが今日の書への熱い思いが作品に反映していた。 未来の書の一翼をになうものとして今後の発展を望みたい。
 技法の熟達、表現域の広がりなどの収穫はあったが、古典を活かし独自の風格をもった個性的な作家がより多く輩出してくることを期待して止まない。

先頭行へ先頭行へ


.
第31回 日展  平成11年度 (1999年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
720
249
23
2,146
485
74
277
184
25
1,137
608
60
8,390
704
118
12,670
2,230
300

審査所感  第 5科 書  <審査主任 尾崎邑鵬>

 前回展に比して、又々若干の応募減であったことは残念だった。 厳選の為かとも思われるが、応募の諸氏、「何を!」という気魄で、次回の挑戦を願いたい。
 世代交代の時機だなと、審査員一同で話したことである。
 漢字・かなでは、古典をよく学んだ人の作品は、外面は柔らかでも、骨というか芯がしっかりしてよい。 余白の美しいもの、黒と白との勝負なので、白い処が美しく、黒が映えている作品、紙面一杯に書いてあるようでも、白がよく効き、見ていて肩の凝らないもの、又、落ち着いたもの、練り上げたもの、こんな作品が多かったのは嬉しかった。 他面、やや優等生的に過ぎ、何かもう一つグッと迫ってくるものが不足と感じられることもないではなかった。 篆刻では古典を学んだものが多く、入選作品を、じっくり見てほしいと思う。 調和体では、着実に地歩を進めているが、その完成に近いものの創造には、なお「時」が必要でお互いに努力せねばならぬことだと思った。
 もう少し陳列壁面があれば、一層多様な作品が採れると、痛く感じたことであった。
 しかし、一同「緊張と充実」感で、作品を見せて貰った事を申し上げて、所感としたい。


先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。

日展に出品する人のための最近の傾向と対策 1 


わたしの作品集   最近の作品 /
  日展_1 2 / 毎日書道展_1 2 3 4 / 創玄展_1 2 3 4 / 創玄現代書展 / 現代臨書展_1 2 /
  北門書道役員展 1 2 3 / 北門書道小品展_1 2 3 / 青森県美術展覧会 / 青森県書道展_1 2 /
  弘玄展_1 2 3 4 / 弘玄書道会選抜展 / 弘玄書道会女流展 / 諸書道展 /
  日本刻字展_1 2 3 / いろいろな題字_1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項