表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集 (資料編)の下層にある

日展に出品する人のための最近の傾向と対策 2



以前の開催年(1999〜2013年)は、

日展に出品する人のための最近の傾向と対策 その1

をご覧ください。



このページは毎年、社団法人 日展から送付される書類の中から、「応募点数等 ・ 審査所感」 を、原文のまま抜粋させていただきました。
出品される方に少しでも参考にしていただければ幸いです。

下方にある各年のリンクに移動します。

 2014  2015  2016

※ 原文からの抜粋のため、表記中の敬称は略させていただきました。
  このページは1年に一度、更新しています。




.
改組 新 第3回 日展  平成28年度 (2016年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
475
213
31
1,910
622
70
134
99
8
706
446
38
8,402
1,000
227
11,627
2,380
374

審査所感  第 5科 書  <審査主任 星 弘道>

改組して第3回目を迎えるにあたり、より良き審査方法が検討され、専門性を重視した選考が行なわれた結果、公平性は当然のことながら、より深く1点1点の評価が出来た。
8,400点を超えた応募があり、その中より1割強の入選者が決定されたが、相変わらずの厳しい結果である。審査は、20人の審査員が一丸となって積極的に良い作品を選び出す作業が九日間にわたり行われた。
日展の書に相応しい書格を有し、表現の妙がある新しい息吹を感じさせる作品が選考された。当然のことながら入落線上の作品は甲乙つけがたいものがある。然し決定しなければならぬこと故、審査員一同大変頭を悩ます結果となった。
残念ながら選外になった方も、あと少しで良い結果を得られることと思うので、さらなる精進を続けていただきたい。
特選は、篆刻1点、調和体1点、仮名3点、漢字5点の10点が選考された。それぞれ独自性をもった輝きある作が、厳正な審査のうえ決定された。
日展の書は、常に格調を重んじ、高い精神性、古典を背景とした独自性が最重要と思っている。さらなる高みを目指し日本文化の発展継承の役に立つ存在となり得るよう努力したい。
長期間の審査に携われた皆さんに心より感謝申し上げます。

先頭行へ先頭行へ


.
改組 新 第2回 日展  平成27年度 (2015年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
452
199
20
1,967
587
65
147
100
7
724
430
36
8,717
952
227
12,007
2,268
355

審査所感  第 5科 書  <審査主任 黒田賢一>

改組新第2回日展である今回も、より公平、公正、透明性のある審査を念頭に、外部3名を含む20名の審査員で臨みました。
応募点数は微減とは言え8700点を越え、入選率は1割強と、第1回展同様、厳しいものとなりました。
審査では、1審から4審、5審と1作1作を丁寧かつ慎重に鑑別、全員の合議の上で、「古典・古筆を基に格調の高いもの」「線質、リズム感等に優れたもの」「新鮮な息吹を感じさせるもの」等々、様々な美的要素をバランスよく備えた作品を選出いたしました。
特に入落線上の作品は、レベルが拮抗しており紙一重でありました。惜しくも選外となった方は、来年を期して一層の精進を心から願っています。
特選は、漢字、仮名、調和体、篆刻において、古典に根ざしつつも、それぞれに個性的であり、完成度高く、輝きを放つ秀作10点が選ばれました。
書を尊重する精神は、我が国の文化の根底に脈々と流れ続けており、日展の書は、その最高峰として輝き、その継承と発展に寄与するものでなくてはなりません。それに相応しく、質の高い優れた作品を数多く選出することができたことは、審査員としての喜びであると思っています。
長期間にわたり、9000点近い作品の審査にあたって下さった皆様のご労苦に心から感謝申し上げます。

先頭行へ先頭行へ


.
改組 新 第1回 日展  平成26年度 (2014年度) 開催
応募点数・入選点数
  \ 部門 第1科
日本画
第2科
洋画
第3科
彫刻
第4科
工芸美術
第5科
 応募点数
 入選点数
 うち新入選数
491
205
28
1,996
640
66
155
104
8
796
396
24
9,200
943
274
12,638
2,288
400

審査所感  第 5科 書  <審査主任 杭迫柏樹>

未曾有の大改革に臨んだ、改組第一回日展〈書〉は、応募点数 9,200点、入選数は 943点と、ようやく1割に達しました。
今回の最大の眼目は、「透明・公正性」。その為に、「当番審査員の事前指導禁止」を 筆頭に、「外部審査員の導入(3名以内)」「非番理事の監査」「審査中のビデオカメラ撮映」等が試みられたが、その結果、監査報告書にも「全員が揃って新たな目標に向う姿勢がくみとれた」とある通り、実見していただいた事で何よりも自信を深めました。
審査方法は、1審、2 審、3審、4審(決定)と全員審議がすすめられ、最終段階は投票 によって決めました。 特選は、「伝統(古典)という大鉱脈の上に立って、今の自分をどう表現したか」という日展の基本理念に従って選びましたが、調和体は残念ながら該当作が見当たりませんでした。
今回、大きな課題を残したのは、新入選 274点と、新旧交替が激しかったこと。按ずるに、
 ・ベテラン=培って来た様式美を再構築する試行錯誤の中で、力みすぎたり、委縮した作品が多かった。
 ・新人=入落を意識せず、素直に伸び伸び書けた新鮮な作が多かった。
が、最大の課題は、「当番審査員の事前指導禁止」にあるように思われました。
107年の伝統と歴史を誇る日展の、更なる発展にむけての岐路となりましょう。


先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。

日展に出品する人のための最近の傾向と対策 1 


わたしの作品集   最近の作品 /
  日展_1 2 / 毎日書道展_1 2 3 4 / 創玄展_1 2 3 4 / 創玄現代書展 / 現代臨書展_1 2 /
  北門書道役員展 1 2 3 / 北門書道小品展_1 2 3 / 青森県美術展覧会 / 青森県書道展_1 2 /
  弘玄展_1 2 3 4 / 弘玄書道会選抜展 / 弘玄書道会女流展 / 諸書道展 /
  日本刻字展_1 2 3 / いろいろな題字_1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項