表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある日展入選をめざす人のための 最近の傾向と対策の下層にある


この本を読んで思うこと


『よみがえれ!! 書 ―21世紀にむけて―』 春名 好重 著
『よみがえれ!! 書 ―21世紀にむけて―』
  中教
  2000. 5.25(初版)発行
  1,900円+税


 この本を読んで、わたしの書作活動に対し、問題意識をもって取り組まなければならないことを再認識させられました。 以下の文は、本の抜粋・引用ではなく、私見です。


   [ 顔の見えない書道展を憂えて ]

 1.見せる側と見る側の乖離  (問題点)

 現在、一般的に行われている書道展は、受付を通ると、とても上手に書かれた作品が壁一面に展示してある。 その一つずつをよく見ると、作品の横には、作者の名前と釈文が書いてある。 初めて書道展を見る人にとって、まず「釈文」という語がわからない。 しかし、知っていることが前提なので何の説明もない。 また、雅号と呼ばれる名前からだけでは、性別や年齢さえ想像できない。
 会場には漢字・かな・近代詩文書(調和体)・少字数書・篆刻・刻字・前衛書の作品が一堂に展示されている。 中でも、近代詩文書の場合、一般的に考えてみれば行間や文字サイズがそろっている活字の方が万人にとって読みやすいに決まっている。 なぜ、この人は作品として出品しようと思ったのかわからない。
 また、書道展の会場で出品者(作者)に会ったとしても、トンチンカンな質問でもしようものなら、芸術に無知で素養のない人ではないかと勘ぐられる。 それを避けるため、見る側は感嘆符を並べて褒め上げるか、下手な質問を避けて無言になるか、作品とは無関係な世間話をするのが一般的な光景ではないだろうか。
 個展を除く書道展で、多くの来場者は全ての作品を鑑賞しない。 知人・友人・親族等関係者の作品しか見ないのが、鑑賞行動の特徴である。 そのため書道展は、関係者と案内状をもらった人だけで賑わっているのが普通で、書道に無縁の人はほとんど立ち寄らないばかりか、部外者は入れないような閉鎖的な雰囲気を会場の入口で感じることがある。
 これでは、見せる側の人たち(作者や主催者)の満足感は得られたとしても、見る側(鑑賞者)には、印象として何も残らないのではないだろうか。

 2.著名な作品の展覧会

 同じ展覧会であっても、ゴッホやルノワールような有名な作品展の場合は違う。 これらの歴史に名を残すような人たちは、後世になってから美術評論家や美術史家たちによって揺るぎない評価が下される。 一般の人々は、鑑賞方法を知らないため、専門家の評価と作品解説を文字通り、何の疑いもなく理解する。 また、作家(芸術家)の伝記や作品を解説する書物も数多く出版され、ゴッホ展やルノワール展の基礎知識を得るには十分なほど資料はそろっているため、何の説明もいらない。
 また、有名な作品展には「芸術に親しむ」という特別なステイタスが人々を引きつけ、来場者数を増加させる。 著名な芸術家の作品を見に行くという行動は、「芸術を愛し、憧憬が深い」ステイタスを他者に対して無言のうちに標榜し、「優雅で高尚な趣味を持つ教養のある文化人」という知識階級イメージを印象づけさせる。 そのため、日頃は芸術に無縁な人々も作品を一目見ようと会場に列をつくる。 これは、「裸の王様」の話に出てくる大衆の心理状態(同調行動、現状からの逃避)と同じで、「会場に行く」行為自体、「有名な作品を見た」という事実が重要なのであって、作品を論評することはほとんどしない。 なぜなら、論評すればするほど、自己の無知を露呈させるだけで、評価できる眼など持ち合わせていないからである。
 アメリカの心理学者のA.マズローの自己実現の理論で、自己実現には階層(ヒエラルキー)があり、その究極にあるものは真・善・美の3つであると述べている。 その美を求めるという行為は、見る本人の感性をも高め、心地良くさせて満足させるとはいうが、実際に満足させるのは、自己よりも他者からの社会的評価の方ではないだろうか。 そのため、一般の人々は「教養ある文化人」の行動を模倣し、演じることによって、現状の生活から逃避し、一時的にハイソサエティーの気分を味わっているに過ぎない。
 これは、古代文明展のような歴史・遺物展、著名な音楽家のコンサート、能や歌舞伎等の古典芸能にも同様なことが言える。

 3.制作者と見る人の関係

 では、書道展の場合はどうであろうか。
 書道の出品者にはプロもいれば初心者もいる。 お金もうけの手段に自己PRを兼ねている人もいれば、自分の趣味として純粋に自己実現の発表の場としている人もいる。 このような目的の異なった人々の作品を一堂に展示しているのが大きな書道展である。
 今どき筆で字を書く機会は皆無と言ってもよい。 現在、一般の人は教育段階を過ぎてから一生のうちに何回筆を持つだろうか。 他者に文字を伝達する手段は、筆などを使わなくても、他にも筆記用具は数多くある。 手書きでなくても、ワープロのようにキー操作で作成した活字を印刷できる時代である。
 このような時代に、一介の名もない人の書と作者名・釈文を見せられただけで、人々は何と思うであろうか。 芸術作品はどのように解釈しても自由であろうが、制作者一人一人には何らかのコンセプトがあるはずである。
 私たちが芸術作品に接して理解しようとする場合、作者について知りたいことは山ほどある。 芸術作品を解説する書物や個人の作品集、展覧会場で売っている親切な作品集には、作品といっしょに必ず個人の履歴と顔写真が載っている。 この履歴と顔写真の部分がとても重要なのである。
 なぜなら、「書は人なり」と一方では言われるが、作品・作者名・釈文だけでは制作者の姿は見えてこないからである。 「読み人知らず」ならぬ「書き人知らず」である。 現代の書道展は、「顔の見えない書道展」なのである。 先人の「書は人なり」を後世にも継承しようとするならば、このダブルスタンダードではいけないと思う。
 作者自身が、一人でも多くの人に作品を見て感動や共感をしてほしいと思うならば、
  ・作品を手がけた想い、
  ・なぜその言葉を選び、
  ・何をイメージして書いたのか、
  ・作品のどこを見て欲しいのか、
  ・なぜこの大きさの紙を使って、書体にしたのか、
  ・この作品に至るまでどのように苦労したのか、等々
を顔写真や経歴と共に掲示しなければ、見る者には何も伝わってこない。 できるものなら、制作者全員が自分の作品の前に立ち、見る人すべてに説明するぐらいの気持ちが必要ではないだろうか。 目的は全く異なるが、カメラショーやモーターショーなどの展示会では、1台に一人の係員が付き、性能やデザイン、基本コンセプト、新技術等々の説明を聞くことができ、質問にも丁寧に答えてくれる。
 しかし、従前からの展示では、見る側が作品を推測して解釈したとしても、作者の考えと乖離がある場合には修正する手段は何もないため、誤解を生じやすく溝が深まるだけである。 これでは見せる側は見る側を一方的に威圧し、知らない人の作品を説明もなく、ただ「見させていただいている」となり、主客逆転しているように思われる。

 4.臨書作品の展示

 作品の中に臨書というジャンルがあり、発表の場として臨書展という書道展がある。 臨書とは万人が知っている語ではない。 説明もなく、この語を使うこと自体が、制作者と関係者だけの展覧会であることを物語っている。 臨書とは歴史上著名な書を模写することによって、著名な人の書法・人となりを理解し、その理解した結果として書き上げた書を臨書(作品)と呼んでいる。 しかし、臨書した作品だけを展示しても、原本の文字や特徴を記憶している人はほとんどいない。 そのため、どの部分が、どのように著名な作品に近づいたのか、知る由もない。 少なくとも、原本か拓本の縮小コピーが近くに掲示してあれば良いが、あまりに不親切である。 臨書作品の展示を見ても感動はおろか、評価のしようがないため、自分の作品だけを確認して帰ることになる。
 このホームページの九成宮醴泉銘(歐陽詢)と 建中告身帖(顔真卿)の臨書では拓本も並べました。 見る方は是非、わたしの書いた臨書を拓本と比較し、さまざまな角度から客観的に評価してほしいと思っています。

 5.書道展の未来

 以上のことを書道関係者に言うと、たいていは反感をかうことになる。 それは「伝統」という語であったり、「過去は…」という語で一喝され、現状維持を要求される。 確かに、書の美は千年以上前から存在しているが、活動方法や展示方法が現在のように定着したのは昭和になってからのことである。
 「伝統」とは、昔からの風習等、受け継がれてきたことを守り続けるだけで、現代の生活習慣からは乖離していることが多い。 また、「過去は…」という説明だけでは進歩はなく、「過去」は改善してこそ先人たちの業績が輝くのである。
 大きな展覧会では、手間やスペース・時間の関係でできないだろうことはもちろん十分承知している。 しかしこのままでは、書道団体や書家は閉鎖的で特殊なフリーメースンとその構成員になりかねない。
 今日、インターネットや新しい携帯電話等々、これまでの概念を根底から覆すような通信手段が生活の中にどんどん取り入れられる中で、ただ伝統を守り「書は人なり」と一方で言いながら、筆を使って書いた作品を芸術と称して並べるだけの現在の書道展では、書の未来はないと思う。 書家をエンタティナーとしてみれば、書道展はサービス精神に欠け、ダブルスタンダードの考え方をもつ特殊な芸術家集団の展覧会と映りはしないだろうか、とても心配である。
 ここでは、大規模展覧会や特定の書道団体を批判するつもりは毛頭ない。 将来を危惧し、現状を把握した上で、今後の課題を提起しているだけである。
 そこで、私は現在の「顔の見えない書道展」の将来を憂え、まずは「作者の見える書道展」にすることが大切であると考えました。 その一歩として、私の企画した 第27回 若菜展 (2001.10実施) では、ささやかながら新しい方法に挑戦してみました。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項