表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある 毎日書道展の出品作 2 (1997〜2003)毎日書道展の出品作_2へ


毎日書道会主催_毎日書道展(1985〜1996)の出品作



毎日書道展 (毎日展) には、大学生の時に先生のすすめで出品していました。
最初は落選。 何年も落選でした。 出品料や表具代、紙の大きさなど、学生の常識をこえた金額にびっくりし、ひたすらアルバイトをしていました。
継続しているうちに、いつしか年月はたっていました。 いろいろなことがありましたが、たったひとつ自負できるのは、一度も休むことなく出すことができたことです。
この力が今のわたしを支えているように思います。 「継続は力」 とは本当のことかもしれません。
その間、師匠も肉親も友人も亡くなり、時代も移り変わりました。 これからを生きる世代の一人として、わたしも墨の世界を堪能してみたいと思っています。


※ 作品右および下の数値は作品のサイズ ( たて×よこ )、単位はセンチメートル。

 最終行へ 

毎日展8 1996年 第48回 毎日書道展の作品
1996年
第48回 毎日書道展 秀作賞

「吹雪の北の涯から
 菜の花の南の涯まで
 池田大作詩」

121×91 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展7 1995年 第47回 毎日書道展の作品
1995年
第47回 毎日書道展

「孤雲出峯」

242×61 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展6 1994年 第46回 毎日書道展の作品
1994年
第46回 毎日書道展 秀作賞

「驚愕する王の両肩に
 危うく傾ぐ黄金の衣装
 小笠原茂介詩」

136×106 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展5 1992年 第44回 毎日書道展の作品
1992年
第44回 毎日書道展

「白鳳天翔」

242×61 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展4 1991年 第43回 毎日書道展の作品
1991年
第43回 毎日書道展

「鳥聲山路」

242×61 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展3 1989年 第41回 毎日書道展の作品
1989年
第41回 毎日書道展

「雪に埋もれた夜の吐息
 氷紋枝を伸ばしつづける
 獏不次男詩」

136×106 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展2 1987年 第39回 毎日書道展の作品
1987年
第39回 毎日書道展

「石獣の眼窩
 泡沫無限に呟く嘘空がある
 獏不次男詩」

136×106 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展1 1985年 第37回 毎日書道展の作品
1985年
第37回 毎日書道展

「驢馬と太陽 灼熱の風
 鼓動 心に聴いて歩く
 吐魯蕃にて作詩」

136×106 (cm)

 先頭行へ 


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 毎日書道展の出品作 2 (1997〜2003) もご覧下さい。


わたしの作品集   最近の作品 /
  日展_1 2 / 毎日書道展の出品作_1 毎日書道展_1 2 3 4 / 創玄展_1 2 3 4 / 創玄現代書展 /
  現代臨書展_1 2 3 / 北門書道役員展 1 2 3 / 北門書道小品展_1 2 3 /
  青森県美術展覧会 / 青森県書道展_1 2 /
  弘玄展_1 2 3 4 / 弘玄書道会選抜展 / 弘玄書道会女流展 / 諸書道展 /
  日本刻字展_1 2 3 / いろいろな題字_1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項