表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある 毎日書道展の出品作 3 (2004〜2009)毎日書道展の出品作_2へ

毎日書道会主催_毎日書道展(1997〜2003)の出品作


毎日書道展(毎日展)は、ちょうど七夕の夏真っ盛りに、夏の祭典という勢いでスタートします。
この展覧会に何年も出品し、この展覧会によってわたしは育まれました。
近代詩文書を知り、近代詩の魅力や創作に取り組むきっかけになったのも毎日展です。 最初は、漢字の題材で出品しました。 いろいろなことがありましたが、継続していてよかったと今は感じています。
最近では、若者が出しやすいように出品料も考慮され、作品制作も活発になりましたので、たくさんの人に親しまれる展覧会になってきています。




※ 作品右および下の数値は作品のサイズ ( たて×よこ )、単位はセンチメートル。

 最終行へ 

毎日展16 2003年 第55回 毎日書道展の作品

2003年
第55回 毎日書道展

「生きる道
 煩悩即菩提上手に生きる
 道がある  福井勝朗 詩」

 作品寸法
 120 × 120 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展15  2002年 第54回 毎日書道展の作品

2002年 第54回 毎日書道展

「無象の塔 今思ふ無象の塔となりし樹々の
 われをはぐくみくれたる月日」 福井緑の歌

 作品寸法  79 × 182 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展14 2001年 第53回 毎日書道展の作品

2001年
第53回 毎日書道展 東京展

「海へ 蒼い沈黙の底
 半田信和詩」

 作品寸法
 106 × 136 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展13 2000年 第52回 毎日書道展の作品

2000年
第52回 毎日書道展 東北仙台展

「山桜雪嶺天に聲もなし
 水原秋桜子の句」

 作品寸法  152 × 76 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展12 2000年 第52回 毎日書道展の作品

2000年
第52回 毎日書道展  秀作賞

「泛駕之馬 (ぼうがのうま)」

 作品寸法  182 × 61 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展11 1999年 第51回 毎日書道展の作品

1999年
第51回 毎日書道展  秀作賞

「埴輪の巫女  結ひ上げし髷の内らに
 櫛の目の直に通れり巫女の埴輪は
 毛利明子の歌」

 作品寸法  136 × 106 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展10 1998年 第50回 毎日書道展の作品

1998年
第50回 毎日書道展

「荒漠の原野  聳え立つ絶壁を越え
 荒漠たる天の原野を踏み  池田大作詩」

 作品寸法  136 × 106 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


毎日展9 1997年 第49回 毎日書道展の作品

1997年 第49回 毎日書道展  秀作賞

「海鳴の音  浅雪の早くも解けて風光る松のかたへに海鳴りを聞く
 丸山シズエの歌」

 作品寸法  79 × 182 (cm)

 先頭行へ 


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 毎日書道展の出品作 3 (2004〜2009) もご覧下さい。


わたしの作品集   最近の作品 /
  日展_1 2 / 毎日書道展_1 毎日書道展の出品作 (2)_2 3 4 5 / 創玄展_1 2 3 4 / 創玄現代書展 /
  現代臨書展_1 2 3 / 北門書道役員展 1 2 3 / 北門書道小品展_1 2 3 /
  青森県美術展覧会 / 青森県書道展_1 2 /
  弘玄展_1 2 3 4 / 弘玄書道会選抜展 / 弘玄書道会女流展 / 諸書道展 /
  日本刻字展_1 2 3 / いろいろな題字_1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項