表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある 創玄展の出品作 4 (2011〜現在)創玄展の出品作_3へ

創玄書道会主催_創玄展(2004〜2010)の出品作


もう創玄展は第40回だという。大変な歳月を感じる。
創玄展に出し始めたのは、確か大学生の時からだった。
お正月はいつも除夜の鐘を聞きながら、紙に向かっていた。
正月の2日目からは、弘玄書道会女流展が恒例の行事だった。
そのため正月が過ぎると、常に会場に行き、お茶くみや作品を運んだりなど常に仕事があった。学生が過ぎてもその行事は常に健在。これで終わりと言うことがなかったのである。そのおかげで、今の私があるようにも思う。
先輩方の活気や意欲が、わたしを牽引してくれた。
先生はいつも厳しかった。しかし、その先生は今はもういない。
その現実を思うとき、なんて時間がたったことだろうと愕然とするのである。
先生が生きていて下さったら、また父が生きていたら。。と思うことがある。
しかし、時間は容赦などしない。
これからは、誰のためでもなく、自分のために書いていこうと思う。
いつか自分の生き方を納得できるように、これからもベストを尽くしていたいと思っている。 (2004年 記)





※ 作品右および下の数値は作品のサイズ ( たて×よこ )、単位はセンチメートル。

 最終行へ 

創玄展24 第46回 創玄展の作品

2010年
第46回 創玄展

「この髪に銀髪増えてゆくほどに
 銀の重みに頭を垂れる 許英子 詩」

 作品寸法  8×2尺  (242 × 60 cm)


 作品を拡大  ※別ウインドウで開きます。

 先頭行へ   最終行へ 


創玄展23 第45回記念 創玄展の作品

2009年
第45回記念 創玄展

「花いちりんあなたに手渡すために生きてきた」

 作品寸法  8×2尺  (242 × 60 cm)


 作品を拡大  ※別ウインドウで開きます。

 先頭行へ   最終行へ 


創玄展22 第44回 創玄展の作品

2008年
第44回 創玄展

「雪の華 甘えとか弱さじゃない
 ただ君を愛してる心からそう思った
 satomi 詞」

 作品寸法  182 × 79 (cm)


 拡大  ※別ウインドウで開きます。

 先頭行へ   最終行へ 


創玄展21  第43回 創玄展 作品の前で 

2007年
第43回 創玄展 準大賞

「天上の星の華やぐ雪あかり」 深谷雄大 詩

 作品寸法  8×2尺  (242 × 60 cm)


 拡大・ 作品を拡大
 ※別ウインドウで開きます。

 先頭行へ   最終行へ 


創玄展20 第42回 創玄展の会場で、作品といっしょに・・・

2006年
第42回 創玄展

「砂の記憶は
 桜貝のうたの中」

 作品寸法  79 × 182 (cm)

 


第42回 創玄展の作品
作品を拡大
※別ウインドウで開きます。

 先頭行へ   最終行へ 


創玄展19 第41回 創玄展

2005年
第41回 創玄展

「掌の中に響き鳴く蝉握りしめ
 時実新子 句」

 作品寸法  106 × 136 (cm)

 作品を拡大
 ※別ウインドウで開きます。

 先頭行へ   最終行へ 


創玄展18 2004年 第40回記念 創玄展の作品

2004年
第40回記念 創玄展  記念賞

「一塊の黒に還る」 自作

 作品寸法  8×2尺  (242 × 60 cm)


 作品を拡大  ※別ウインドウで開きます。

 先頭行へ 


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 創玄展の出品作 4 (2011〜現在) もご覧下さい。


わたしの作品集   最近の作品 /
  日展_1 2 / 毎日書道展_1 2 3 4 5 / 創玄展_1 2  3 4 / 創玄現代書展 /
  現代臨書展_1 2 3 / 北門書道役員展 1 2 3 / 北門書道小品展_1 2 3 /
  青森県美術展覧会 / 青森県書道展_1 2 /
  弘玄展_1 2 3 4 / 弘玄書道会選抜展 / 弘玄書道会女流展 / 諸書道展 /
  日本刻字展_1 2 3 / いろいろな題字_1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項