表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある 北門書道役員展の出品作 2 (2003〜2009)北門書道役員展の出品作_2へ


北門書道会主催_北門書道役員展(1990〜2002年)の出品作



北門書道役員展は、書道会の役員 (評議員から総務) の作品展です。
北門書道会は一つの流派にとらわれず、いろんな流派の書人たちの集う会ですので、個性も多様です。 大作から刻字までいろいろな作品にめぐりあうことができる数少ない展覧会だと思います。
わたしは大作で出品することが多いのですが、必ずしも豪快が好きなわけではありません。 抒情も好きですし、緻密にも魅力があります。
でも、どんな作品にでもささやかなロマンがほしいなと思っています。
そういう作品を書いていきたいと思っています。


※ 作品右および下の数値は作品のサイズ ( たて×よこ )、単位はセンチメートル。

 最終行へ 

北門役員展8 2002年 平成14年度 北門書道役員展の作品
2002年
平成14年度 北門書道役員展

「山毛欅(ぶな)
 山毛欅の森の精霊よ その息吹きのはてのはて
 いのちの極み極み 山毛欅 内海康也詩」

 150×62 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


北門役員展7
2001年 第34回 北門書道役員展の作品


2001年 第34回 北門書道役員展

「わたしが私となるために人生の失敗も必要でした
 無駄な苦心も骨折りも悲しみもすべて必要でした
 私がわたしになれた今 みんなあなたのおかげです
 (坂村真民のことばより)」   35×135 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


北門役員展6 2000年 第33回 北門書道役員展の作品
2000年
第33回 北門書道役員展

「鳥影 陽はあれど光なく 空あれど吹く風もなく
 ただ朔北に涙こらえて 朝の鳥影を待つ
 原子修詩」

 242×61 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


北門役員展5 1999年 第32回 北門書道役員展の作品
152×152 (cm)


1999年 第32回 北門書道役員展

「無盡の創造 ひとはその鮮烈の未来図に酔い狂熱の喝采を送る 池田大作詩」

 先頭行へ   最終行へ 


北門役員展4 1993年 第25回 北門書道役員展の作品
1993年
第25回 北門書道役員展

「曠野の雪に埋もれた
 追憶の歩道に 自作」

 152×152 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


北門役員展3 1992年 第24回 北門書道役員展の作品
1992年
第24回 北門書道役員展  蘭亭賞

「野に咲く一輪の花の
 真實それは實に尊く美しい
 坂村真民詩」

 152×152 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


北門役員展2 1991年 第23回 北門書道役員展の作品
1991年
第23回 北門書道役員展  蘭亭賞

「虹の羽搏き
 遠い時間がそうして
 流れていった 福沢公伯詩」

 152×152 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


北門役員展1 1990年 第22回 北門書道役員展の作品
1990年
第22回 北門書道役員展  蘭亭賞

「百獣の王の威厳を備えて
 舌を垂れたてがみを房々と
 木下杢太郎詩」

 136×106 (cm)

 先頭行へ 


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 北門書道役員展の出品作 2 (2003〜2009) もご覧下さい。


わたしの作品集   最近の作品 /
  日展_1 2 / 毎日書道展_1 2 3 4 / 創玄展_1 2 3 4 / 創玄現代書展 /
  現代臨書展_1 2 3 / 北門書道役員展の出品作 北門書道役員展_1 2 3 / 北門書道小品展_1 2 3 /
  青森県美術展覧会 / 青森県書道展_1 2 /
  弘玄展_1 2 3 4 / 弘玄書道会選抜展 / 弘玄書道会女流展 / 諸書道展 /
  日本刻字展_1 2 3 / いろいろな題字_1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項