表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある 弘玄展の出品作 2 (2001〜2007)弘玄展の出品作(2) (2001〜現在)

弘玄展(1989〜2000)・弘玄書道会選抜展(1996)の出品作


弘玄展は、師佐藤中隠を会長として発足した男女混合の書道展です。
女流展とともに35年の歴史を誇っています。

毎年、弘前さくらまつり(4月下旬から5月上旬)の時期に開催していましたが、2003年から1月初旬に行うようになりました。
開催場所も今までは今泉書店だったのが、中三 弘前店 8階のギャラリーになり、展覧会も大規模になってきました。
各自がそれぞれ思い思いの題材に取り組んで制作しています。

弘玄書道会 選抜展は、平成8年(1996年)の6月に所属する会員の中から師匠が選抜して発表した作品展でした。一人で5点ぐらい発表しました。

掲載した作品は、その一部です。
この後、師匠は他界しましたので、会員にとっては記念すべきものとなりました。





※ 作品右および下の数値は作品のサイズ ( たて×よこ )、単位はセンチメートル。

 最終行へ 

弘玄展6 2000年 第34回 弘玄展の作品

2000年 第34回 弘玄展

「空いっぱい薔薇のひかりまき散らせ  原子修 詩」

 作品寸法  136 × 280 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


弘玄展5 1993年 第26回 弘玄展の作品

1993年
第26回 弘玄展

「花塵 さよならさよならさよなら
 時計がわりのさよなら
 想いださないさよなら  甲田袴 詩」

 作品寸法  136 × 70 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


弘玄展4 1992年 第25回 弘玄展の作品

1992年
第25回 弘玄展

「薊 世をいとふ心薊を愛すかな  正岡子規 句」

 作品寸法  182 × 79 (cm)


 拡大  ※別ウインドウで開きます。

 先頭行へ   最終行へ 


弘玄展3 1991年 第24回 弘玄展の作品

1991年
第24回 弘玄展

「人間の歌 花はいろ そして匂い
 あなたはこころ そしてやさしさ」

 作品寸法  136 × 70 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


弘玄展2 1990年 第23回 弘玄展の作品

1990年
第23回 弘玄展

「減盡の偈 業病でも貧乏神でも
 みんな背負うて生きてゆこうぞ  坂村真民 詩」

 作品寸法  182 × 61 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


弘玄展1 1989年 第22回 弘玄展の作品

1989年
第22回 弘玄展

「もの言はぬままに
 ほのぼのとした君の心よ  良寛 詩」

 作品寸法  61 × 61 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


弘玄選抜展2 1996年 第30回 弘玄書道会選抜展の作品

1996年
第30回 弘玄書道会 選抜展

「花一輪あなたに手渡すために
 生きてきた  泉谷明 詩」

 作品寸法  167 × 45 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


弘玄選抜展1 1996年 第30回 弘玄書道会選抜展の作品

1996年
第30回 弘玄書道会 選抜展

「人生如夢」

 作品寸法  182×61 (cm)

 先頭行へ 


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 弘玄展の出品作 2 (2001〜2007) もご覧下さい。


わたしの作品集   最近の作品 /
  日展_1 2 / 毎日書道展_1 2 3 4 5 / 創玄展_1 2 3 4 / 創玄現代書展 /
  現代臨書展_1 2 3 / 北門書道役員展 1 2 3 / 北門書道小品展_1 2 3 /
  青森県美術展覧会 / 青森県書道展_1 2 /
  弘玄展 弘玄展_1 2 3 4 / 弘玄書道会選抜展 弘玄書道会選抜展 / 弘玄書道会女流展 / 諸書道展 /
  日本刻字展_1 2 3 / いろいろな題字_1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項