表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある 日本刻字展の出品作 2 (2004〜2010)日本刻字展の出品作_1へ

日本刻字協会主催_日本刻字展の出品作


日本刻字展は3月上旬に、東京都美術館 地下2階とギャラリーホシヤの2会場で行われます。

年々色あでやかな刻字ですが、彫り方も着色も本当に多様です。
やはり、奥深いものがあります。

書く技術の外に、彫る技術も必要なのです。
年々、ノミも彫刻刀も増えました。形もざまざまです。木も選ぶようになりました。やはり良い木には魅力があります。彫りたくなります。また、いろんな活用ができそうなグロテスクな木も魅力的です。木も個性ですね。色の使い方、文字の生かしかたなど、参考になることばかりです。

また、絵のような感性の使い方がいい刺激になっています。
いろんな表現を考えてみたいと思っています。





※ 作品右および下の数値は作品のサイズ ( たて×よこ )、単位はセンチメートル。

 最終行へ 

日本刻字展8 2003年 第22回 日本刻字展の作品   作品寸法  15 × 55 (cm)


2003年 第22回 日本刻字展

「一途 尊きもの 一途なる歩み」

 先頭行へ   最終行へ 


日本刻字展7 2002年 第21回 日本刻字展の作品  


2002年 第21回 日本刻字展

「向上一路」

 作品寸法  20 × 60 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


日本刻字展6 2001年 第20回 日本刻字展の作品

2001年
第20回 日本刻字展  特別賞

「夢みよう」

 作品寸法  30 × 20 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


日本刻字展5 2000年 第19回 日本刻字展の作品    作品寸法 20 × 30 (cm)

2000年 第19回 日本刻字展

「遙かな轍 こうとしか生きられない人生がある」 小椋桂 詩

 先頭行へ   最終行へ 


日本刻字展4
1999年 第18回 日本刻字展の作品

1999年
第18回 日本刻字展

「一筋の道 旅人は
 一筋の道を歩くなり」 坂村真民 詩

 作品寸法  30 × 20 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


日本刻字展3
1996年 第15回 日本刻字展の作品

1996年
第15回 日本刻字展
 理事長賞

「縄文回廊 文字よりもふかく」

 作品寸法  20 × 30 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


日本刻字展2
1995年 第14回 日本刻字展の作品

1995年
第14回 日本刻字展  理事長賞

「聴雪 降る雪の音を聴く夜」

 作品寸法  30 × 20 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 


日本刻字展1
1991年 第10回 日本刻字展の作品

1991年
第10回 日本刻字展  秀作賞

「星空へ店より林檎あふれをり」

 作品寸法  30 × 20 (cm)

 先頭行へ   最終行へ 



<参考>   日本刻字展の賞の種別について (2002.3現在)

  〔ランク〕   〔賞の種別〕
審査員候補 (現在のわたし) 日本刻字大賞、準大賞、特別賞
委嘱作家 特別賞、国際刻字聯盟賞、全日本書道連盟賞、
日本刻字協会会長賞、優秀賞
無鑑査 特別賞、日本中国文化交流協会賞、日本刻字協会賞、
日本刻字協会理事長賞、特選
一般公募 特別賞、毎日新聞社賞、日本刻字協会委員長賞、
秀作賞、佳作賞、入選

 先頭行へ 


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 日本刻字展の出品作 2 (2004〜2010) をご覧下さい。


わたしの作品集   最近の作品 /
  日展_1 2 / 毎日書道展_1 2 3 4 5 / 創玄展_1 2 3 4 / 創玄現代書展 /
  現代臨書展_1 2 3 / 北門書道役員展 1 2 3 / 北門書道小品展_1 2 3 /
  青森県美術展覧会 / 青森県書道展_1 2 /
  弘玄展_1 2 3 4 / 弘玄書道会選抜展 / 弘玄書道会女流展 / 諸書道展 /
  日本刻字展の出品作 日本刻字展_1 2 3 / いろいろな題字_1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項