表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある


『日本の美を伝える 和風年賀状素材集 和の趣 申年版』のご紹介


わたしの作品が年賀状の素材集に収録されました。


 ■■ 『 日本の美を伝える 和風年賀状素材集 和の趣 申年版 』 ■■ 


『日本の美を伝える 和風年賀状素材集 和の趣 申年版』 の表紙

技術評論社 編集部 編・著

添付  : CD-ROM 1点
サイズ : A4 変形判
ページ数: 240ページ
ISBN  : 4-7741-1862-1
標準小売価格: 1,580円 (税別)
発売日 : 2003年10月17日






◇ 発売にあたって

夏の初めに一通のメールを受け取った。 年賀状を書いて欲しいという依頼のメールだった。
偶然、去年の本を書店で見たという友人から、「やってみたら?」 と背中も押され、自分の作品でもいいのなら書いてみようかな?という気にもなった。 夏休みは時間があるだろうという楽観的な思いこみでの承諾だった。 実際は毎日出勤であり、毎日が戦いのように忙しかった。
そんな中で、幾度も承諾した自分の甘さを恥じた。 何をやっても中途半端になるのでは?という危惧もあった。 焦りながら書いて、一度映像で傾向を見て頂いた。 「おもいきり書でもいい」 という事だったので、むしろ安心した。 4種類の作品を、いくつか題材を変えながら書いてみた。
思うようにもいかなかったが、慣れてくると何とも言えず、いい気分で書くことができた。
淡墨で書いてみたり、書体を変えたりなど、ささやかな工夫をしてみる。 可読性は残して、爽やかにという気持ちで書いた。
それほど満足のいくものではなかったが、少し遊び心のありそうな作品数枚を選んで送った。
小さい字や添え書きは、活字との組み合わせでもいいということだったので、活字の色や大きさにも
試行錯誤してみる。 どんな作品となって本に載るのか、ドキドキした。

「和の趣」 が到着したときは、夢が現実となったように、作品が本の中にあった。 とても、うれしかった。 書店で手にしているところを少し想像したら、かなり恥ずかしいものはあるが、誰が書いたかなどはよほど注意しない限りはわからないだろうと思うと、気が楽にもなる。 これから、書店でどんなところに存在するのか、ますます楽しみながら年賀状を作ることになりそうである。

   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この本は、2004年 年賀状作成用の素材集です。
内容は、書、水墨画/墨絵、切り絵/剪画、版画/線画、和紙ちぎり絵、水彩画、色鉛筆画/鉛筆画、筆文字に分かれていて、他の人の作品も多く入っています。
私の作品は、16 ・ 17ページに載ってます。 実際に、お店で手にとってご覧いただければ幸いです。
売っている販売店 は、全国の本屋さん です。


最後になりましたが、作品制作でいろいろアドバイスをいただきました 株式会社 技術評論社
中国事業部 加藤 博 氏に心から感謝申し上げます。

先頭行へ先頭行へ


使っていただければ、とてもうれしいです。 ご覧いただき、ありがとうございます。


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項