表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2003短歌_2003へ

2002 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 段目〕    最終行へ 

1段目
2002-2
少しづつ層重ねゆく悲しみよ グラデーション模様の心となれり
2002-2
幾たびもこの道歩く日を重ね定刻来れば君を捜せり
2002-1
生きてゆく力を呉るる岩肌の ぬくみしだいに足先にゆく
2002-1
噴煙の気の効用を信じつつ 立ち込む煙のただ中に座す
2002-1
この夏の日ざしすべてを閉ぢ込めし 深紅のもみぢ掌に在る

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2002-4
かなしさのふいによぎれりざつくりと切りし胡瓜を食べてしまはう
2002-4
灯火のあとのさざめく闇の中つぎの言葉をゆつくり捜す
2002-3
そんな日もあるさ笑顔が消えぬやう空に大地に語りかけてる
2002-3
この辺でリセットしよう不安のみ育つこころを夢のこころに
2002-3
われだけの記念日生を受けし日に苺たつぷりケーキを作る

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2002-7
さくら花一気に咲けリ未だわれは素直に語り合へずにゐるを
2002-6
君の羽奪はぬやうにただ一人ひとりの扉用意してゐる
2002-6
わが胸のこころを映す蜃気楼セピアの城にやはり君ゐる
2002-5
言はずともつかず離れぬ距離のある五十センチの真意知りたい
2002-5
空よりの言葉あふれて掌に届く ゆたけきひそやかな冷え

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2002-9
バスに乗る行く先ひとつつかの間の 同志に似たる感情を持つ
2002-9
歳月の流れが止まる 友人と語らへばただに学生時代
2002-8
もし君が金星ならば われはどの星なのかなどそぞろに思ふ
2002-8
天上の星の配置に座りゐる食卓久し家族が集ふ
2002-7
口元のほころぶやうなさまなしてさくら並木は我を招き入る

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2002-11
波の背に寄り添ひてゆく海峡の しぶき深まる君想ふとき
2002-11
漁火のほの暗き灯のありどころ そこだけ黒く海が支へる
2002-10
思ひ出になれない夏の砂時計 波繰り返す呼び声を聞く
2002-10
愛されてゐし夏の日を愛すなり 麦藁帽子リボン色褪せ
2002-10
こはれもの注意と書きて横たはる マーマレードのやうな夏風邪

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2002-12
ひとことを言ひたる後に悔やみをり 一言だけで距離ひろがらむ
2002-12
帰るべきところのありてそぞろゆく 楓一枚手に忍ばせて
2002-12
昼下がりほのかにカップ彩りぬ ふたり定時のコーヒータイム

 先頭行へ 

 ※ 2002年(平成14年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2003 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 短歌_2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項