表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2004短歌_2004へ

2003 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 段目〕    最終行へ 

1段目
2003-2
会へないと会はないのとは違ふから 幾度も語尾の確認をする
2003-2
乱切りのレモン投げ入れおもむろに 君との会話振り出しにする
2003-1
初林檎赤くうづまく皮長く 剥かうむかうとむきになる宵
2003-1
確かさを刻む時計のごとくあり 隣の主人7時出勤
2003-1
心中の傷にも効き目ありますか 鎮痛剤の注意書き読む

 先頭行へ   最終行へ 

2段目 
2003-4
もがり笛無意識に聞く宵闇よいつしか和音のやうに歌へり
2003-4
風巻く中たよれるものは吾が足の雪踏むリズム君へと向かふ
2003-3
白鳥の声こだまして冬将軍 白いコートで我も呼応す
2003-3
たびら雪根雪綿雪斑雪 銀竹のうへ幾度も降りぬ
2003-2
約束もおぼろになりぬ 君が言ひし「きつと」は既に十年も前

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2003-6
春なれば染まれ染まれと呼ぶやうに 緋色の花がひとつづつ咲く
2003-6
口づけで呼びさまさるるは夢の夢 目覚まし時計の音に跳ね起く
2003-6
音信を待つ三月は ゆらゆらと吾は流るる一匹のうを
2003-5
外出に携帯持てるを確認す 君から届くメールを待ちて
2003-5
帰郷せる学生が言ふ「お元気で」 二度と会へないやうに響けり

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2003-9
白球のキャッチボールで子と結ぶ 休日のみが絆のあかし
2003-8
仕事終ふるタイムリミット 零時なる刻に明日へと心を繋ぐ
2003-8
ポスターの人物像が語ってる 「いつも自分をみつめるやうに」
2003-7
喉もとにつまる重さは トロピカルジュースで流しひたひたにせん
2003-7
空のやうに澄み切ることに憧れて コバルトブルーの傘を買ひけり

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2003-11
野に出でて幸せを摘むクローバー うさぎが特に好みて食す
2003-10
太古よりここに時間を受け継ぎて 絶ゆること無き湧き水に遇ふ
2003-10
ブナの森道細くなる山あひに 季節外れの紅葉がひとつ
2003-10
「抱き返り渓谷」といふ名のごとく 吾は君抱く力持ちたし
2003-9
測れない深さのうへに漂ひて 風のまにまにアメンボがゆく

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2003-11
うろこ雲ちりぢりにあり君と見む 恋の行方はまだわからない
2003-11
コスモスの彩に戸惑ふ恋始め 青空ぐんと近くにありぬ
2003-11
風薫りリボンのやうに歩きけり 君は隣にただゐればいい
2003-11
瞬きを忘れるほどに見つめると うさぎもふつと心を見せる

 先頭行へ 

 ※ 2003年(平成15年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2004 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 短歌_2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項