表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2006短歌_2006へ

2005 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7 段目〕    最終行へ 

1段目
2005-2
君だけを信じることが始まりの そして終わりのああ断末魔
2005-2
何もかも射貫かれてあり断末魔 わがなすすべは何もないのか
2005-1
夢を見ることを忘れた生徒たち 耳に光れりシルバーリング
2005-1
ドラゴンに乗って大宙(おほぞら)駆け巡る夢を見てゐた まだ明けぬ夜
2005-1
「天にあるやうに地にあれ」君は言ふ シェイクスピアのやうに毅然と

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2005-4
バツイチと言ふ人のあり 今までの生活くくる言葉など無し
2005-4
トーストの焼きかげんほど熱くなれ まだ燃ゆること知らぬ我が子よ
2005-4
ふぞろひに伸びた爪切り 指先の喪失感がなぜか悲しい
2005-3
うぐひすを鳴かせてばかり 春はまだ喪主といふ字に慣れないでゐる
2005-3
言の葉を繋いで何を語れよう 喪主なるのみにただしはぶけり

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2005-6
君の背のぬくもりがある棺にも 目覚まし時計入れておきます
2005-6
生きたしと言ふ君の脈消えてゆく 南無観世音われもつれゆけ
2005-5
見覚えのある面影よ 大の字に眠る娘の横顔のなか
2005-5
げんまんの小指を思ひ出して泣く まだ枯れられぬ思ひ出がある
2005-4
宙にあるこころフラッシュバックする 浜茄子の花明日は咲くか

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2005-8
「みんな皆必死なんだ」と声高く話すに 言葉空へ消えゆく
2005-8
落ちてくるぶつきらぼうな雨の下 芯まで固い自我を打たれる
2005-7
どこ見てもからつぽの風吹いてゐる ヒトだけにあるかなしみの襞
2005-7
いたづらに時間が過ぎぬ 君逝けるその日は君のバースディなり
2005-6
読みかけの本がそのままおかれあり 今まで君がそこに居たやう

 先頭行へ   最終行へ 

5段目  
2005-10
涙することがすべてに背を向ける 涙せぬやう笑つてゐたい
2005-9
「サラサラの血液になります」といふ 笹の効き目を信じて飲めり
2005-9
二年前アンネの薔薇を植ゑし土 アンネの薔薇にいまは囲まる
2005-9
ひんがしの空の彼方にたましひの 住みかはあるや烏が帰る
2005-8
われの道とはもう交はらぬ君の道 アルバム一つ終りとなりぬ

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2005-11
みんなみの国から届くEメール 海はプリズム色の輝き
2005-11
君がゐた夏は遠くで花火見た りんだうの花しきりに揺れる
2005-11
人生は続いてゐるよ ドアの側うづくまつても明日は踏み出す
2005-10
呼吸をして整ふこころ 明日へと繋ぐけぢめの歯磨きをする
2005-10
ポトポトと帰る心の音を聞く 哀しみもなく楽しみもなく

 先頭行へ   最終行へ 

7段目
2005-12
したたかな教師のフリを見抜かれて 猫なで声の生徒が増ゆる
2005-12
一日のそうめんサラリ茹で上げて 「何事もなく」振り出しにする
2005-12
かなしみもよろこびもあり 髪洗ふからだがゼロになつていく刻
2005-12
ありえない君へと傾斜するこころ わたしは高所恐怖症です

 先頭行へ 

 ※ 2005年(平成17年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2006 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 短歌_2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項