表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2007短歌_2007へ

2006 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7 段目〕    最終行へ 

1段目
2006-2
雑談のぴたりと止みていつになく 一言を待つ静けさコワい
2006-2
来ないかもしれない来ないもう居ない わかつているがまだ待つてゐる
2006-1
しがらみの中からつひに生まれ出る 一人で歩くほんたうのわれ
2006-1
待ちぼうけ君からの手紙来るはずと 線香花火に願などかける
2006-1
二人して見た月を今一人見れば こだまのやうに声蘇る

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2006-4
雪の夜ごわごわ寒き話せり  風邪とは言へぬ母への電話
2006-3
余白まだたくさんありて夢はなし カラフルな夢描いてみよう
2006-3
この恋は本気ですかと考へる  ポトポトおでん煮詰める夕べ
2006-3
炊きたてのやうな顔して家にゐる 今この刻に逢ひに来てよね
2006-2
研ぎすます鉛筆の芯何本も入れて 一気に気分はキャリア

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2006-6
いい奴で終わつてもいい別れぎは それでも愛は告げられずゐる
2006-6
なごり雪が二人の距離を近づける 年上だからなにも言へない
2006-6
ほんたうに言ひたきことは言はず 別る空から雨がおもむろに降る
2006-4
しわくちゃな心アイロンかけてゐる リフレインする幸せ気分
2006-4
ベット横がらんとなりてなほ今も 占める定位置何もかはらず

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2006-8
波まろぶ十三湊の浅瀬より 中世人の営みを想ふ
2006-8
濁り水前へ前へと進めゆく しじみ採るとき心はひとつ
2006-7
君とゐた桜の頃が今一度 何事もなくまた訪れる
2006-7
ストレスに打ち勝つといふチョコレート いつしかカゴに収まつてゐる
2006-7
君が逝つたその日を越えるXデー 無理やり元気に振るまつてゐる

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2006-10
盛夏服白き生徒の前に立つ 色かはらずに夏過ぎてゆけ
2006-10
向日葵のやうに微笑む顔みたし 大好物のカレーを煮込む
2006-9
ひとつだけ確信できる すこしづつ見えてたものが見えなくなつた
2006-9
ひらがなしか書かない生徒野菜しか食べないわたし どこか似ている
2006-9
ぽつかりと咲く水芭蕉 恥ぢらひのかたちになりて夏の到来

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2006-12
夜を削り時もてあますかなしみの 海の満ち引き鈍器のごとし
2006-11
頷いてほしい遺影の君よ君よ 日増しに君の声を忘れる
2006-11
窓ぎはのゆつたり椅子に君は無く 今は大きな猫のクッション
2006-11
痩せてゆく陽の短さを 老い母は感じてゐるや眠りが長い
2006-10
好きですか新鮮野菜 完熟のトマトにがぶり誰かの歯形

 先頭行へ   最終行へ 

7段目
2006-12
焼かれある秋刀魚の瞳気になりて すべての記憶リセットにする
2006-12
黒髪を切って目覚める もう二度と過去に戻らぬ君も想はぬ
2006-12
君の死は春雷のごとし 今もなほたつたひとつの開かない扉

 先頭行へ 

 ※ 2006年(平成18年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2007 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 短歌_2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項