表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2008短歌_2008へ

2007 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7 段目〕    最終行へ 

1段目
2007-2
爪先で石に触るれば硬質の 冷たさのみの墓標あらはる
2007-1
座標軸ゼロの立ち位置指令する 我の足元みんなが集ふ
2007-1
見上ぐれば北極星は頭上なり かけがへの無き風冴え渡る
2007-1
単調な作業のなかで新鮮な生徒の会話 ジャストミートす
2007-1
モザイクの中から姿現せる つないでわかる画像のひとつ

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2007-4
黙といふ最大の武器行使せり 結界を張る生徒が多く
2007-4
むなしさの1グラムあり なぜ言葉つないで語る努力をしない
2007-2
声持たぬうさぎの生よ 苦しいと言はずにそつとこの世を去りぬ
2007-2
からつぽな心抱へる三回忌 食べ物だけは食卓にある
2007-2
口紅のゆるきラインに敏感な 少女がひとりわれを黙視す

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2007-6
落下した大生を追つて窓のそと 見据ゑたるとき背は氷の如し
2007-5
毎日が楕円を描き終わるなり 一グラムほど愛を下さい
2007-5
胸元に夕陽を入れて運転す 今頃君は何をしてゐむ
2007-5
青春の悔いを残すや卒業の 生徒の机上に「ありがとう」とあり
2007-4
少年のままに過ごして老いてゐる 君の眼にあるプラネタリウム

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2007-8
大空の青さに恥ぢぬしなやかな 肢体が走る風の矢となり
2007-7
新緑の風の和音を聴く今が上昇気流「吾れをさらって」
2007-7
桜咲く下で根は張る 目に見えぬ営みのなかで美しくなる
2007-7
沈みゆく夕陽に向かひもの想ひ 朽ちていくのか抗ひゆくか
2007-6
生きてゐた大生の生に感謝せり どこまでも神をたより続けん

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2007-9
かなしみの記憶の羽根を忘れても 君の残した言葉忘れぬ
2007-9
不器用な空間ばかりあべこべの話も楽し 君の眼を見る
2007-9
せりあがる雲の裂け目にどこまでも続く空見ゆ 想ひをつなぐ
2007-8
投擲のエースとなれり 総体の新保あかなが紙面に踊る
2007-8
一瞬の風になるとき子等の眼はさらに深まる ゴールを目指せ

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2007-11
学舎を巣立つ生徒の行く先に 想ひを馳せて雲の峰見つ
2007-10
やさしさを浴びて微睡む ほんのりと蛍のやうな会話でもいい
2007-10
見下ろせる夜景の姿 頬杖のわたしはとても慣れてゐません
2007-10
夕焼けの町並みに沿ひ走りゆく 助手席にゐる幸せに酔ふ
2007-10
手繰る糸もう細くなり 色褪せた日記の真意だれも解らぬ

 先頭行へ   最終行へ 

7段目
2007-12
情熱を促成させる指導して 空しき吾も似非情熱家
2007-12
無農薬野菜を好むうさぎたち 玄米好むをんなと暮らす
2007-12
君の生 生きて此の世に光りあれ いつも無力なわたしでごめん
2007-11
太陽の喝采に遭ひ悲しいと言へずにをりぬ 向日葵畑
2007-11
夢を見る乙女のやうにコスモスが 首を傾げぬ秋はもうすぐ

 先頭行へ 

 ※ 2007年(平成19年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2008 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 短歌_2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項