表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2010短歌_2010へ

2009 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7 8 段目〕    最終行へ 

1段目
2009-2
招待状皺皺になり駆けつけし 会場もまた人ひとの波
2009-2
言ひ訳のできぬ作品晒されて 海鳴りの音遠くに聞こゆ
2009-1
二十五の齢より出しし日展に 入選通知じつと見てゐる
2009-1
ただ単に牛歩のごときを積み重ね 筆の歩みも四十年過ぐ
2009-1
日展の第五科名簿に一行の我が名ありけり 山河が燃ゆる

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2009-4
顔知らぬ生徒の名簿手渡され 初めて思ふ転勤のこと
2009-3
大いなる時の流れを歌ひ継ぎ 予言と成就メサイアにあり
2009-3
オラトリオ調べの中にソプラノの 娘が交じり受難を歌ふ
2009-3
全曲を二十日あまりで書き上げし ヘンデルのオレチタティーボは
2009-2
朝六時駅に降り立ち 何事もなかつたやうに授業始める

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2009-5
生徒等の指ひたすらに平行に 移動し始め考査始まる
2009-5
整列を横より見るに男子等の 髪一様にハリネズミ型
2009-4
病めるひと口数もなくあふれをり 電光掲示の順番を待つ
2009-4
君とゐたリビングは今雑然と 紙の山やま暖炉も寒い
2009-4
鹿筆か狸か牛耳この年の 証書の筆を吟味してゐる

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2009-7
君ゐない春六年が過ぎてゆく ソメイヨシノは変はらぬものを
2009-6
君のゐたあかしと書斎にこけしあり 吾のこけしが歴史を繋ぐ
2009-6
卒業の記念にひとつづつ増える こけしの数が赴任の歴史
2009-6
雪解けの流れ激しく濁りゆく 山の谷間に湯瀬の出湯あり
2009-5
消えてしまふ言葉にかたちあたへたまふ ヒエログリフの愛の象形

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2009-8
自転車に乗れば流れる初夏の風 やはらかくあり生ぬるくあり
2009-8
消息を知らせる電話の教へ子の声大人びぬ 苦労したのか
2009-8
パソコンのONを合図に一日が動き始める 「今日は天気か」
2009-7
乱れ咲くソメイヨシノに思ひ出が フラッシュバック君に逢ひたい
2009-7
ひとつづつ思ひ叶へるやうに咲く 庭先の花春を謳歌す

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2009-10
一世紀前よりありし墨に問ふ 現在の自分に色さらけ出せ
2009-10
君に似た後ろ姿の若武者が 虹の向かうに消えた正夢
2009-10
雨上がり生徒らの声をちこちに 虹の色して響き渡れり
2009-9
君くれし録音テープ手放せず 今もなほ聴くおやすみの曲
2009-9
肺呼吸するかけがへのない今をたつぷりと吸ふ 後悔しない

 先頭行へ   最終行へ 

7段目
2009-12
かけがへのない今と書く 新郎に幸多かれと筆走らせる
2009-12
十六の面影残し三十となりし教え子 我が前に立つ
2009-11
十五年家族を支へし老うさぎ 食細くなりて人参残す
2009-11
老ウサギ眼差し深くそばにゐて クローバー摘む我を見つめる
2009-10
喜びも悲しみさへも何事も なかつたのだと虹が語らふ

 先頭行へ   最終行へ 

8段目
2009-12
ブーツ履く女性の見えてまだ暑き 都会の谷に秋風の見ゆ

 先頭行へ 

 ※ 2009年(平成21年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2010 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 短歌_2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項