表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2011短歌_2011へ

2010 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7 段目〕    最終行へ 

1段目
2010-2
煮炊きする鼎の模様に魅せられて 古代もどきの料理並べる
2010-2
見るごとに監視カメラがそばにゐる 決して吾れに偽りはない
2010-1
千年の歴史を語り烏鎮(うちん)より 藍染届く海の色して
2010-1
誕生日結婚記念日受験日と 暦の上にメモの彩り
2010-1
秋深し色とりどりの山辺より 津軽を目指し白鳥が来る

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2010-3
「異常なし」医師の言葉に足取りもしだいに軽し 八甲田山見ゆ
2010-3
連峰を目指すか高度増してゆく 白鳥の背が矢印となり
2010-3
五十四を待たずに逝きし君はまだ 年取らぬまま吾を見つめる
2010-2
肉筆の流れに沿ひて真卿の 呼吸伝はる祭姪文稿
2010-2
ヴァイオリン・ヴィオラ・ダ・ガンバ 低音の人多くゐていつしかなごむ

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2010-6
賛美歌のパイプオルガン厳かに 優しく高く式が始まる
2010-6
白鳥の声こだまして 天空も下界も巣立つもの動き出す
2010-5
「火の鳥」を読みふける娘に 不死鳥のこころ忘れず進めと願ふ
2010-5
母の味忘れぬやうに手作りにいそしむ 春は旅立ちの季(とき)
2010-5
列をなし子を待つ保護者 駐車場が一杯になる下校の時刻

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2010-8
春が逝く桜トンネル戻らない 想い出ばかりがフラッシュバックす
2010-8
風吹けば花弁の中に女あり 花の化身が生まれて歩く
2010-7
夜十時はなればなれの刻つなぐ 母子の会話はいつも「元気か」
2010-7
「もう一度言って下さい」 うら若きメイドは津軽言葉を知らず
2010-6
引っ越しの荷物日ごとに大きくて 母と娘いよよ一人生活

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2010-9
情熱のガスパリーニの歌を借り 君忘れえぬこころを歌ふ
2010-9
四世紀歌ひ継がれし曲の名は 「いとしい絆」空に響けり
2010-8
かなしみに支配されゆく午前二時 彼岸へ続く道があるのか
2010-8
ひとりある刻ほしいまま 古墨との対話増えゆく遺影の前に
2010-8
「お母さんありがとうね」と娘より 母であること呼びさまされる

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2010-11
増水し行けぬ暗門 二十年前は君をり恐いものなく
2010-11
どの道を辿りて暗門滝へ行かむ 菅江真澄の杣道を来て
2010-10
カルナック大列柱の各々に パピルスの花王を偲べり
2010-10
雪解けの水が潤す天空の 谷間の畑に風透き通る
2010-10
ヒマラヤの山々深き懐に仏教徒をり 肉を食べざり

 先頭行へ   最終行へ 

7段目
2010-12
カラムシやタイマツアカゾが布となる 縄文からの歴史を紡ぎ
2010-12
波羅密多一つも為せず此岸行く パソコンの無い一日は無く
2010-12
花芒北へ北へとなびきゆく 彼岸へつづく道かもしれず
2010-11
水玉の愛はとこしへ 十和田にて宇宙の中のカボチャと出会ふ

 先頭行へ 

 ※ 2010年(平成22年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2011 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 短歌_2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項