表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2012短歌_2012へ

2011 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7 段目〕    最終行へ 

1段目
2011-2
見降ろせば渋谷の駅に黒蟻のごとき人波 吸ひこまれゆく
2011-2
並び立つ高層ビルの一角に こんもり茂る紅葉の森
2011-1
白神に抱かれて少し素直なり 「ありがたう」二度天に囁く
2011-1
鬱蒼たる琥珀の森に抱かれて 小細胞を休ませませう
2011-1
ブナ森のクヌギ、ミズナラ、ダケカンバ 琥珀の色に染まる十月

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2011-4
風雪のプラットホームに三味線の 音色曼荼羅いよよ大寒
2011-3
悲しみをそつと封印す 帰郷せる娘と過ごす夫の七回忌
2011-3
津軽路もオオハクチョウが飛来せり 群れなす白を雪と見まがふ
2011-3
颯爽と浮かぶ水鳥水面下 激しく足を動かしてゐる
2011-2
雪深い山里の枝しな織は 日本最古の強き布といふ

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2011-5
不安など無いまつさらな心なり 筆進むたび空を浮遊す
2011-5
在りし日の師匠の声が囁きぬ 「筆を持つ掌はホドホドデイイ」
2011-5
面影を確認しては証書書き 巣立つ生徒の前途を想ふ
2011-4
三味線の音色曼荼羅 風雪の中に君の影武者探してをりぬ
2011-4
ベートーベン生まれし月日に吾もまた この世に出でぬ「運命」を聴く

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2011-6
太陽を待ちて見つけし古ラジオ 二十年ぶり音を伝へき
2011-6
暗がりのしりとりはまだ現実の悲惨さ知らず 情報も無し
2011-6
蝋燭の前に家族が結集す 「無事が何より」合い言葉とし
2011-6
とつぷりと暗黒の夜頼るものは吾がライトなり 家を目指せり
2011-6
揺れてなほ誰も乱れぬ会議室 二時四十六分時刻は止まる

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2011-8
心病む友訪ねけり われを今必要とする人がまだゐる
2011-7
山神の生を受け継ぐトスティの 開かれし声夢見て歌ふ
2011-7
チャクラ無く空を見据ゑし祖母の部屋 花の盛りの写真で溢る
2011-7
整然と曲がる事なき幽齋の書を立て掛ける 君の遺影に
2011-6
携帯は誰も探せず 発信の履歴ばかりに一日が逝く

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2011-10
出張の大韓民国永川は 薔薇の花咲き星降るところ
2011-10
二百年の樹齢誇りし中野山の イタヤカエデは「こけし」になりぬ
2011-8
幸せを祈りて未練などなけれ 枝垂れ桜がほのかに紅い
2011-8
新緑の風の音を聴け ララララと歌へば肺が蘇りゆく
2011-8
胃腸科と書かれるところ心病む君横たはる 青葉溢れる

 先頭行へ   最終行へ 

7段目
2011-11
ハングルを解読できぬもどかしさ 身振り手振りが国境を越ゆ
2011-11
鐘の音は響くだらうか 閉校の校舎に今も刻を告げゐる
2011-11
蝸牛パックに並ぶ吾もまた 少女時代を恋ふる年齢
2011-10
竹島のことは触れずにゐて下さい チョヌンイルボンサラミムニダヨ

 先頭行へ 

 ※ 2011年(平成23年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2012 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
           短歌_2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項