表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 2013短歌_2013へ

2012 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7 段目〕    最終行へ 

1段目
2012-2
「この柄がいいの」こだはる娘も二十歳 新居カーテンローラアシュレイ
2012-1
生徒からお土産だよと渡されし ドングリが二個ポケットの中
2012-1
兵法の極意か 秋のセレモニーは欠席通知ばかりが届く
2012-1
去りてなほ語り継がれるジョブズ氏の 「stay foolish」秋空に書く
2012-1
ぬぐひ去る悲しみも無し 木枯らしを浴びる覚悟で一歩を出だす

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2012-3
今はもうオーバーサーブできぬかも 怪我を恐れる教員となり
2012-3
所在なき身にも一つは役に立つ仕事ありけり 賞状揮毫
2012-3
一丸となる生徒らの声援を 背中に受けてわれは審判
2012-2
六畳の一間に古きピアノ置き 娘は成人の儀式を終えぬ
2012-2
紅葉色極まれる刻今まさに 白鳥が来る白い群れなし

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2012-5
雪かきの蟻と化したる雪の中 雪の女王に出逢ふ気がする
2012-5
風雪に逆巻く白い闇の中 頼れるものは生きる意志のみ
2012-4
成人になりし娘の鏡台に 俄かにそろふメイクペンシル
2012-4
振り袖の乙女の指もとりどりの ネイルアートに輝きてあり
2012-4
満面の笑みを浮かべて振り袖に 身を包みゐる娘ももう二十歳

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2012-7
メールには書かれてゐない言葉でも 絵文字が語る心のかたち
2012-6
祝ふ日の風の冷たさ行く道に 幸多かれと背中にエール
2012-6
言葉なく去りし生徒が携帯にことば残せり 「ありがとうです」
2012-6
入学の期待を胸に校門を くぐる生徒の鞄大きい
2012-5
乳穂ヶ滝豊作祈る人々の 願ひ叶えて今年結氷

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2012-8
受け入れる準備も無くて葉桜の 行方道筋目で追ふばかり
2012-8
まつたりと丸き「ゆ」の字に迎へられ 出で湯に浸かる新緑の中
2012-7
晴れの日の生徒の呼び名漏らさずに 心を込めて一声放つ
2012-7
片親の保護者が多くわれもまた 片親なれば力あたへむ
2012-7
朝風呂に入りて体重減らすこと 検診の日の習ひとなりぬ

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2012-12
伝はらぬ心もどかし風車 回転軸を変へてみようか
2012-11
体からチャークラ抜けて温泉に 潜水艇となりて漂ふ
2012-11
在りし日の面影残し今は亡き 師匠の筆が本堂にあり
2012-11
山嵐連れて冷風湧き起こる 酸ヶ湯の夜は皓皓と逝く
2012-8
オダマキを花瓶に入れて花言葉「必ず勝つ」とふことを伝へる

 先頭行へ   最終行へ 

7段目
2012-12
トスティを歌ふリハビリ 人はみな声を出しつつ心養ふ
2012-12
枕形西瓜を売りて炎天に 老婆が一人その西瓜買ふ
2012-12
祝宴に集ふ生徒の人生に一喜一憂 人は変はれる

 先頭行へ 

 ※ 2012年(平成24年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2013 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 短歌_2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項