表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある

2015 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7 段目〕    最終行へ 

※ 2013年3月から現代仮名遣いにして投稿しています。
1段目
2015-2
 キュビズムの作家の視点忘れずに教壇に立つ 今日は元気か? 
2015-2
 こわれもの下積み厳禁 いくつもの注文つけて宅急便出す 
2015-1
 落ち葉散る音を探して八甲田へ 観音様の横顔に会う 
2015-1
 人を編む交差点から存在が 見えるようにと赤のジャンバー 
2015-1
 沈黙の冷たさ続き渡る風 ひと言「ごめん」言えばいいのに 

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2015-4
 初詣願いなどなし ただ皆が平穏無事に生きるを思う 
2015-3
 バースディソング何回聞きました? 今日が最後の五十四歳 
2015-3
 含め煮の大豆ほっこり クリスマスイブを知ってか円やかになる 
2015-3
 太陽と水と空気が美しい 津軽の春に望むものなし 
2015-2
 蒼い目のラピスラズリの女たち銀河へ向かう 午後零時半 

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2015-5
 闇を吸う入日いよいよ白くなり人生の岐路 明日は卒業 
2015-5
 分かち合う愛は尊いウェディング 木漏れ陽もみな君のものだよ 
2015-5
 青空に唇形のはぐれ雲 愛がもうすぐやって来るのか 
2015-4
 煩悩の数よ甘露の雪が降る ここが須弥山鐘の音を聞く 
2015-4
 あるがまま心のままに元旦は 和敬静寂書き初めをする 

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2015-7
 胎道はいつでも一人 肺呼吸する刻を待つ幾万の稚児 
2015-6
 みぞれ雪厳しい夜の温泉は 津軽訛りのおんなが集う 
2015-6
 横文字の雲流れ行く早春賦 新入生が近づいてくる 
2015-6
 おしゃべりな鞄の中身 早春賦ドイツイタリア歌曲の楽譜 
2015-6
 この宇宙すべて観るため生まれたと わかる刻なり十七歳は 

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2015-8
 これからが本気なんです 考査前十分間の集中力が 
2015-8
 新緑に音吸われゆく散歩道 葉脈の音聴いてスキップ 
2015-8
 ゆるやかに耳遠くなるたらちねの クレッシェンドの声響く朝 
2015-7
 師の墓石辞世の文字が緩急の リズムとなりて永遠にあり 
2015-7
 海原のマイナスイオン お喋りはみな津軽弁「いい湯こだねさ」 

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2015-11
 後の世へバトンを繋ぐ生を受く 幼名こはる姪誕生す 
2015-11
 「こんにちは」「お願いします」「お疲れさん」 そんな会話で一日終わる 
2015-9
 君を待つ心は花の化身とも鳥の羽音とも思う 真昼野 
2015-9
 ゆっくりと真水に還る 一人寝の子守唄にと海の声聴く 
2015-9
 野に遊ぶ烏が胡桃置いていく 車が割ってくれるのを待ち 

 先頭行へ   最終行へ 

7段目
2015-12
 ナトリウム塩化物強塩泉の 露天風呂より夕陽を眺む 
2015-12
 ナトリウムマグネシウムとカルシウム かけ流し湯に皮膚甦る 
2015-12
 千畳敷風合瀬行合道を抜け 不老不死なる出で湯に浸かる 
2015-11
 緊張がほどけるように夕陽いま 水平線の波に漂う 

 先頭行へ 

 ※ 2015年(平成27年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 2016 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 短歌_2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項