表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある

2017 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 7(最新) 段目〕    最終行へ 

1段目
2017-2
 無言劇終わりにしよう お互いを知らないけれどクリームを塗る 
2017-2
 君も吾も虚空を見上げかざす手は スーパームーンの大きさ計る 
2017-1
 銀河から届く螺鈿の輝きを 胸に留めて一歩踏み出す 
2017-1
 青空に祝い結びの雲の居て ジョナゴールドが真赤に実る 
2017-1
 すすき野に表裏見せ合い鳶の舞う 天地彩る収穫の秋 

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2017-3
 口寄せの嘆きをすべて包みましょう イタコの首の赤い風呂敷 
2017-3
 石畳土道畑道草道を 卑弥呼歩いた気分で進む 
2017-3
 煩悩もあらゆる悪も食い尽くし 迦楼羅像の眼北東を指す 
2017-3
 新しき杜に宿る神々の 心伝える深き緋の色 
2017-2
 大銀杏闇の中立つ黄金色 異時空間へ葉を落としてる 

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2017-5
 悲しみはみな白色か 雪の神「父をよろしくお願いします」 
2017-5
 一瞬に炎となれり 人界を離れる父は吉日選ぶ 
2017-4
 新年に鬼門にも置くシクラメン いつしか吾は回遊の魚(うお) 
2017-4
 ほつれゆく薄氷の上 白鳥は長く留まる気配を見せず 
2017-4
 白い闇道の流れを見失う 黄色シグナル点滅ばかり 

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2017-6
 霊力と生気伝える 運慶のリアリズムとは苦悩のかたち 
2017-6
 仏への祈りのかたち ドレープを纏う快慶半眼開き 
2017-5
 白濁の海に帰依する魂よ 泡のようなる人の一生 
2017-5
 魂の行方も知らず 脳裏にはバッハのフーガト短調あり 
2017-5
 地吹雪の曼荼羅カルタ舞い乱る 父は今頃どの辺だろう 

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2017-8
 岩木嶺を仰ぎ耕す人多く 加速度的に気温は上がる 
2017-7
 語らいの窓辺に白いシクラメン 今日の授業に耳傾ける 
2017-7
 健やかに老いて天寿を全うす 風の囁き父かも知れず 
2017-7
 青い鳥大瑠璃小瑠璃ルリビタキ 空を飛ぶもの皆父に見ゆ 
2017-6
 仮の世の水草を食む 白鳥は長旅に向け低空飛行 

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
2017-9
 いて座より宇宙シグナル 地球外知的生命からの呼び声 
2017-9
 地球外知的生命探索を始める生徒 いつかニュートン 
2017-9
 朝焼けのグラデーションをイメージに人参を切る 斜め薄切り 
2017-8
 鍬を持つ老婆の腕の骨太な血管動く 規則正しく 
2017-8
 稜線を歩く狐のシルエット 夕陽とともに海と溶け合う 

 先頭行へ   最終行へ 

7段目  新しく追加しました。   新しく追加しました。   新しく追加しました。 
2017-10
 津軽野を洗い続ける夕陽あり 塩化硫黄の温泉に入る 
2017-10
 夕暮れはうしろ姿の電柱を 幾つも越えてやっとわが家 
2017-10
 一杯のコップの中に夏の空 置かれたままで季節は巡る 

 先頭行へ 

 ※ 2017年(平成29年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 文芸 その1 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 短歌_2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項