表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある

 2019 短歌作品集 


1 2 3 4 5 6(最新) 7(最新) 段目〕    最終行へ 

1段目
2019-2
 いつの世も風の間に間を受け入れる 蝶の化身となりて生きよう 
2019-2
 はじまりを伝えるところ 円墳の石それぞれが神代の言葉 
2019-1
 一日の仕事は五時で句読点 部活動へと時間が動く 
2019-1
 片乳房向き合うままの露天風呂 話題はいつも作物談義 
2019-1
 稜線に寝そべっている釈迦像が 間近に見える蔦の出湯は 

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2019-4
 書の髄を得たしと思う執着を離れられない 仏法のごと 
2019-3
 繊細で内気なところ真直ぐで頑固な心 わが遺伝子である 
2019-3
 赤富士は津軽女の魂が 継がれ繋がり実を太らせる 
2019-3
 真筆と言われ続ける筆順に迷いなど無し わが道を行く 
2019-2
 雲に乗り海へと還る日輪が水からあがる 後悔はない 

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2019-5
 下手なりの生き方もあり 六朝の爨宝子碑は有為の奥山 
2019-5
 いくつもの水脈を越え章草に彩りありや ただ散りぬるを 
2019-5
 鋒鋩な対話をしつつ漆黒に 色は匂えど墨を語らう 
2019-4
 書くことは純粋であり眞実であること けんは質に及ばず 
2019-4
 表現は痛快にして情感も欲しい わが筆未だ繊弱 

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2019-7
 子等跳ねて回転木馬昇りゆく 万物の生そこにかしこに 
2019-6
 完璧なものなどは無し 一日は人間もどき薄墨のまま 
2019-6
 始まりは阿吽の呼吸 指襞を伸ばし薄紙三界へ敷く 
2019-6
 筆を持つ仏法の業一呼吸 天地玄黄迷宮に入る 
2019-5
 文字にある随というもの 変幻に形を変えて空となりゆく 

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
2019-8
 行き帰り風の間に間にわだつみの声聞いて行く 今日もハレルヤ 
2019-8
 農村のターシャの家は薔薇盛り コーギー犬が人懐っこい 
2019-8
 陽の翳り路面に映る我が姿 この世のものと思われずあり 
2019-7
 魂をひとつ落としてswing swing swing 所詮わたしも流れ星なり 
2019-7
 鳥獣の世に向けて撒く鬼は外 うしろ姿の若者ばかり 

 先頭行へ   最終行へ 

6段目   新しく追加しました。 
2019-10
 三日ごと花刈り取られ向日葵の黄色無くなる 歌をのせたい 
2019-9
 ガーデンは薔薇星雲の盛りにて 苦しい人は誰ひとりなし 
2019-9
 通りゃんせ廊下を走る生徒らの ポニーテールがしゃんしゃんと行く 
2019-9
 暑さにも赤さ黒さのほつれかな ラジオの声が遠く聞こえる 
2019-9
 花影の蜂みな静か陽だまりに 女王のようなダマスク・ローズ 

 先頭行へ   最終行へ 

7段目  新しく追加しました。   新しく追加しました。  
2019-10
 「今日からが猛暑、明日は酷暑です」 激暑の度合いわからなくなる 
2019-10
 「我こそがヒーローです」とコスプレの女子が集まる お化け屋敷は 

 先頭行へ 

 ※ 2019年(平成31年・令和元年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 文芸 その1 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 短歌_2019

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項