表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある

 2020 短歌作品集 


1 2 3 4 5(最新) 6(最新) 段目〕    最終行へ 

1段目
2020-1
 半過去を連れて枯葉のコロス行く 風立ち戻る我が学び舎へ 
2020-1
 執着があるというなら健康を手に入れること 夢はそこそこ 
2020-1
 「なるようになればいいさ」と神頼み 無償の愛は何も恐れぬ 
2020-1
 「越えられぬ苦しみはない」 目の前のハードル飛んで週末が来る 
2020-1
 地球のものひとつひとつが壊れゆく 自分のものは何ひとつない 

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
2020-3
 恋人の集うメリケンパーク路を 修学旅行団体が行く 
2020-2
 頭上にはV字編成隊長の白鳥が居る 号令を聞く 
2020-2
 こぎん刺す祖母もういない冬景色 軒先の柿少なくなった 
2020-2
 何度でも声かけてみよう 頑なな心もどこかきっと開いている 
2020-2
 約束の流れて行きし放課後に シクラメンのみそっと顔出す 

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
2020-4
 さようなら人体模型の赤と青 空はボウボウ雪が降ってる 
2020-4
 問題がわかっていない多数決 救いの道は残しておこう 
2020-4
 鉛筆で描ける程度の通り雨 頃合選ぶ必要はなし 
2020-3
 「一階の月あかり部屋集合です。」 老若男女の班長会議 
2020-3
 震災の面影は無し 彩のイルミネーションエリアは祭り 

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
2020-6
 静けさの街の中では マスクする人間のみが動いて見える 
2020-6
 いか焼きの煙も消えて道の駅 消毒液が一つだけあり 
2020-5
 「おかげさま」言われて気付く 人間は繋がっている一人ではない 
2020-5
 ひたむきにありのままにと言いながら ぶれているのは私かも知れず 
2020-5
 「居なかったことにしてよね」 実体のない言葉から真実ポロリ 

 先頭行へ   最終行へ 

5段目   新しく追加しました。   新しく追加しました。 
2020-7
 手作りのマスク旋風 「新柄のガーゼ入荷!」と張り紙が言う 
2020-7
 五月雨は睫毛の泥を洗えるか 半眼開き虚空蔵菩薩 
2020-6
 あたたかく息をする人見あたらず マスクは白も黒も増えゆく 
2020-6
 いつもいる生徒のいない毎日は マリオネットの糸ゆるみがち 
2020-6
 東日流野(つがるの)を抱きすくめんと案山子あり 白鳥は皆旅立っていく 

 先頭行へ   最終行へ 

6段目    新しく追加しました。   新しく追加しました。    新しく追加しました。 
2020-7
 桜咲く摩訶曼荼羅華煩悩の数かも知れず 人ひとり無し 
2020-7
 「コロナかも」通院患者増えている 待合室に本はもう無い 
2020-7
 認識を塗り替えていく斑雪 見えないものが闘う相手 

 先頭行へ 

 ※ 2020年(令和2年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 文芸 その1 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019 / 短歌_2020

          文芸 1

          新聞に掲載された随筆の記録



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項