表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 1997短歌_1997へ

1996 短歌作品集


1 2 段目〕    最終行へ 

1段目
1996-10
クリークに青菜を洗ひ紅塵に 生くる女の火を通す箸
1996-9
その昔宝主の国といふペルシャ その繁華さを語る目熱し
1996-9
善悪を極めて白き奥入瀬の 雲井の流れまろびゆくなり
1996-8
胸ボタンひとつ外せば春風を まねゐてみたし新緑の道
1996-8
桜咲く道行きて会ふあてもない そぞろ歩きす子供のやうに

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
1996-12
クローバーかき集め噛むラビットよ ひとすぢの根のぬくもり残せ
1996-12
雲海のまだらの空に泡立ちて シャボンのごとく君を想へり
1996-11
雨しずくひとつひとつを忍ばせて 薊は咲けり炎の如く
1996-11
滅びゆく今日恐れずに明日を追ふ 若人の眼の南十字星
1996-10
しじみ採る興味も湧かずたたずめば 水面の風が水面揺らせり

 先頭行へ 

 ※ 1996年(平成8年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 1997 をご覧下さい。

短歌作品集    短歌_1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項