表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある短歌作品集の下層にある 短歌 - 1998短歌_1998へ

1997 短歌作品集


1 2 3 4 5 6 段目〕    最終行へ 

1段目
1997-2
君に添ふこともなく日は過ぎにけり 焼き過ぎぬやう秋刀魚を見つむ
1997-2
こぼれ落つ花びらのやうはかなくて 微笑のまま友は逝きけり
1997-1
くずれゆく心を定む岩手山 蜻蛉はただまつすぐに飛ぶ
1997-1
黒ぶちの額(フレーム)はずしゆっくりと 出でくるごとき父のまなざし
1997-1
仏像のモノクロの白克明に 父は描けりムンクのごとく

 先頭行へ   最終行へ 

2段目
1997-5
片肺となりても息はやはらかく 君はかすかにべッドに眠る
1997-4
闇の底に雪落ちつづけはじめての 雪の重さを感じて歩く
1997-4
カルテ見てためらひがちに告知せり 脳裏の奥のレコード割るる
1997-3
生かされるかとキリスト像に問へど 風笛がただ壁にこだます
1997-3
濁り目の秋刀魚を焼けばいち日の 懈怠しるけし呪ひのごとく

 先頭行へ   最終行へ 

3段目
1997-7
一つだけあればいい言葉ささやけず へール・ホッブの話題がしきり
1997-6
V字形へールホッブのしだり尾に たくすものあり娘とふたり
1997-6
北東へリボンのやうにうねり行き へール・ホッブのまばゆさに逢ふ
1997-6
善悪の基準を持たぬ生徒にも ニーチェの思想宿ること知る
1997-5
ゴーギャンのタヒチの女しきり恋ふ 椰子の実のごと吾が子抱けば

 先頭行へ   最終行へ 

4段目
1997-9
花曇り人影淡く遠くなり 君だけみつむ時間がほしい
1997-8
ありし日の思ひを追へばタンポポの 行方に青き空拡がれり
1997-8
冗談さと笑ふ瞳に湖の 青さ満ちくる絮毛飛ばして
1997-8
ひとりでも淋しくないか風の道 探して絮毛まっすぐにゆく
1997-7
子の寝息君の呼吸に近づきて 夜はゆうらり明けゆくきざし

 先頭行へ   最終行へ 

5段目
1997-11
ひとつずつ踏みしめて音探しゆく 子のドレミファソ土筆の如く
1997-10
水面に涙こぼれてひれ赤き 金魚のめぐり時間がゆらぐ
1997-10
火祭りの夜空見上ぐる子の笑顔に 父と母の座あるを確かむ
1997-9
指立てて髪を洗へば日を集む 魚鱗の如きシャボンひとひら
1997-9
ながれ星額つらぬく予感して わが在る処しかと踏みしむ

 先頭行へ   最終行へ 

6段目
1997-12
光のささない窓ひとつだけあり サルビアを置くむなしくないかと
1997-12
胃袋を引きずるやうな一日を 過ごしてしまふふたり記念日
1997-11
音もなく夜に降り地底流れゆく 川水のごと母子は呼び合ふ
1997-11
クコの実を仕合せの実と信ずる子は 両手一杯吾に持ち来る

 先頭行へ 

 ※ 1997年(平成9年)『コスモス』に掲載された作品です。
   作品上の日付は、掲載年月を表しています。
  『コスモス』は、歌人 宮柊二が創刊したコスモス短歌会の会員向け月刊誌です。


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の 短歌 - 1998 をご覧下さい。

短歌作品集   1996 / 短歌_1997 / 1998 / 1999 / 2000 /
          2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 /
          2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017

          文芸 1



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項