表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある


臨書教室1 序章

( 序  はじめに )



   「 臨書教室 その1 」 へようこそ

臨書(りんしょ)とは、古典の名作を手本にして模写することをいい、上達への第一歩です。
一般に「書は人なり」「書は人格を表す」と言われます。 そのため、古典の名作を臨書すると、墨跡から作者の字画の表現方法や美的感覚等を読み解くことができます。

しかし、単に技術的に模写し、緻密なコピー作品を作ることだけが目的ではありません。 作者の生きざまや思想、時代背景、作品のエビソードから、なぜこの作品が生まれたかを知ることにより、書道史の一片に触れることができます。 また墨跡から、当時の作者の心理状況がわかることもあります。

ここの前半では、虞世南(ぐせいなん) の「孔子廟堂碑(こうしびょうどうのひ)」( 1〜4回)、歐陽詢(おうようじゅん) の「九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅうれいせんめい)」( 5〜8回)、王羲之(おうぎし) の「蘭亭序(らんていじょ)」( 9〜12回)の三点を取り上げました。

また、後半では、王羲之(おうぎし) の「十月五日(じょう)」 (13〜16回)、ちょ遂良(ちょすいりょう) の「孟法師碑(もうほうしひ)」 (17〜20回)、顔真卿(がんしんけい) の「争坐位稿(そうざいこう)」 (21〜24回)の三点を取り上げました。

これらの名作は書道史の中でも、最も愛されている作品ですが、拓本として残っているものが多いため、テキストの種類によって下のようになるのです。

下にあるそれぞれの作品をクリックされると表示されます。
これらのページは、『北門書道』 の 「高等学校規定課題」 として、二年間連載してわたしが書いたものです。
解説文も縦書きと横書きの違いを除けば、掲載された原文のままです。
そのため、最初から順にご覧になるとわかりやすいと思います。
あなたも筆を持って書いてみませんか。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧        臨書教室 1 メニュー

1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
3
 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
11
 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 


13
 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 
14
 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 
16
 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 
18
 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 
22
 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 
23
 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


  臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項