表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室1_メニューの下層にある


臨書教室1 孔子廟堂碑(虞世南)

( 第3回  孔子廟堂碑(こうしびょうどうのひ) - 虞世南(ぐせいなん)



 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 


第三回   『睿哲参天』  孔子廟堂碑(こうしびょうどうのひ)  虞世南(ぐせいなん)

 「孔子廟堂碑」は、武徳九年(626)唐の太宗が長安の孔子廟を再建した時に建てられ、虞世南に命じて撰書させたものです。
 虞世南はこの時、既に七十歳を越えていました。
 書の品格が高く、風韻の豊かなことは、唐朝第一とされています。
 また、その書は沙門智永 (生没未詳 隋) を師として、王羲之の風を得たもので、作為のない独自の書風を展開しています。
 この碑は、一見平正で温厚に見えますが、一部の画を異状にしめたかと思うと、一転して大きく空間を抱いている所もあり、虞世南の二面性が感じられる作品でもあります。
 文字の重心は、やや下の方に位置するためゆったりと安定感を出すように心がけましょう。
 字形は、中心より上側が密で、下側が疎になっています。
 右はらいの線は、なるべく長く表現するよう留意して下さい。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧       臨書教室 1 メニュー
1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
現在地

3

 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
11
 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 


13
 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 
14
 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 
16
 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 
18
 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 
22
 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 
23
 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


  臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項