表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室1_メニューの下層にある


臨書教室1 蘭亭序(王羲之)

( 第11回  蘭亭序(らんていじょ) - (おう)羲之(ぎし)



 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 


第十一回  『宇宙之大』  蘭亭序(らんていじょ)  王羲之(おうぎし)

 「蘭亭序」は、蚕繭紙(さんけんし)鼠鬚筆(そしゅひつ)で書かれ、遒媚(ゆうび)にして勁健、世に並ぶものがなかったと言われています。同じ字があれば、みな別の体を構え、中でも「之」の字は最も多く、二十種類もあります。
 王羲之は、後日数百本も書き直すのですがこの時の書に及ばず、羲之も自らこの書を愛し、子孫に与えて、七代の孫の智永に伝承されました。
 貞観年間、羲之の書を酷愛した太宗は、彼の真草書帖三千六百紙をも集めたと言われていますが、最後まで手に入れることのできなかった作品が、この「蘭亭序」でした。
 それが、智永の弟子辯才(べんさい)の所にあることを知った太宗は、蕭翼(しょうよく)を遣わし、ついに辯才の手から「蘭亭序」をだまし取ってしまうのです。
 太宗は、「蘭亭序」の模写本をたくさん作り、皇子や諸王近臣に賜りました。
 彼の死後、王羲之の書は、すべて昭陵に殉葬されて、「蘭亭序」もまた、この世から姿を消してしまいました。
 王羲之の書が、今なお伝説化されていくのは、そのためです。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧       臨書教室 1 メニュー
1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
3
 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
現在地

11

 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 


13
 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 
14
 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 
16
 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 
18
 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 
22
 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 
23
 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


  臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項