表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室1_メニューの下層にある


臨書教室1 十月五日帖(王羲之)

( 第13回 十月五日(じょう) - (おう)羲之(ぎし)



 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 


第十三回   『羲之忽有』  十月五日(じょう)  王羲之(おうぎし)

 「十月五日帖」は、王羲之の「尺牘(せきとく)」(手紙文)の一部です。
 書簡や手紙のことを、前漢時代には「尺牘(せきとく)」と呼びました。
 もともと(せき)は長さの単位、(とく)は文字をしるす木の札のことを言い、長さ一尺の木簡に文字を記していたことからそう呼ばれるようになりました。
 王羲之の尺牘集には、人間王羲之の赤裸々な心情が痛々しいほどに描かれています。
 自分の病気のこと、家族や友人の心配、不幸への憂慮等、以外にも気弱な王羲之の姿がかいまみられます。
 これは、彼が気心の知れた相手に送って書かれた手紙だからこそ、自分を取り繕う必要がなかったのでしょう。
 これから四ヶ月間に渡って、奔放で超然とした今までの王羲之にはなかった、もう一人の王羲之像を見ていきたいと思います。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧       臨書教室 1 メニュー

1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
3
 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
11
 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 


現在地

13

 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 
14
 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 
16
 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 
18
 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 
22
 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 
23
 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
    13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項