表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室1_メニューの下層にある


臨書教室1 十月五日帖(王羲之)

( 第14回  十月五日(じょう) - (おう)羲之(ぎし)



 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 


第十四回   『前得足下似』  十月五日(じょう)  王羲之(おうぎし)

 王羲之は、多量の薬をいつも服用していました。その種類は、植物性のものから鉱物性のものまで、多岐に渡っています。
 特に飲用していた「五石散」という薬は、鉱物質の薬で、魏晋の貴族に流行した長生の薬でした。石鐘乳、石硫黄、白石黄、紫石英、赤石脂という五種類のミネラルを混合して作ります。
 これを服用した場合は、さかんに歩きまわって(行散)薬を発散(散発)させなければ毒が体内に残ってしまい、歩きまわった後は、発熱と悪寒にさいなまれることになります。それでも厚着をしたり、温かい物を食べてはいけませんでした。
 本文中でも、彼は「中冷」(冷にあたる)と言い、いつも体の不調を訴えています。
 そんな冒険を冒してまで、羲之がこの散薬に執着したのは、果たして何だったのでしょうか。
 病気の治療とか、仙人願望だけがなせる業でしょうか。
 私には、王羲之の奥深い心の葛藤が潜んでいるような気がしてなりません。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧       臨書教室 1 メニュー

1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
3
 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
11
 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 
13
 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 


現在地

14

 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 
16
 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 
18
 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 
22
 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 
23
 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項