表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室1_メニューの下層にある


臨書教室1 十月五日帖(王羲之)

( 第16回  十月五日(じょう) - (おう)羲之(ぎし)



 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 


第十六回   『吾頃胸中』  十月五日(じょう)  王羲之(おうぎし)

 はじめて文字が作られてから、大篆・小篆・隷書と、書体はさらに美しく発展してきましたが、漢の時代に紙が発明され、それに従って性能の高い毛筆も開発されることによって、表現は急激に高度となりました。
 こうした好条件によって、美しく能率的な書体、楷書・行書・草書が、王羲之の天分によって美的に完成したのです。この書体は、以後千六百年を経ても変わることなく、不動のものとなっています。
 尺牘のやりとりの中で、互いに書美を競い合うということは、古くから行われていました。しかし、不思議なことに、王羲之の書は、一見よく整っていて定形であるかのように見せながら、実はあちこちにゆがんでおり、力学的均衡を保っています。
 頭部を大きく拡げ、下部で引き締めたり、一字を構成する点画が左右上下に押しやり、引き戻される結体上の特徴も、力のバランスを十分理解した王羲之の風韻です。
 その自在さが、精霊のようなおもしろさとなり、今も見る者に強烈に働きかけ続けているのです。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧       臨書教室 1 メニュー

1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
3
 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
11
 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 
13
 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 
14
 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 


現在地

16

 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 
18
 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 
22
 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 
23
 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項