表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室1_メニューの下層にある


臨書教室1 孟法師碑(ちょ遂良)

( 第18回  孟法師碑(もうほうしひ) - ちょ(ちょ)遂良(すいりょう)



 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 


第十八回   『青雲之衣』  孟法師碑(もうほうしひ)  ちょ遂良(ちょすいりょう)

 孟法師碑は、孟静素が亡くなるときの描写を、次のように書き記しています。
  「霊気が感応して仙人の風骨がはやくからあらわれ、登仙の秘薬の金液を授かると白龍になって昇天し返らぬ人となられた。…年齢は九十六歳、顔色は生きた人のようで、全身は柔らかくしなやかであった。これこそ仙人の教典にいう尸解というものであろう。」
 道教は、天上界において永遠の生を生き続ける仙人を神にあおぐ宗教であり、道教徒の最高の理想は、自らが仙人になることにありました。
 書道家は、大抵が熱烈な道教の信者です。これは、単なる偶然ではなく、南北朝時代以来書を善くする家柄は、道教信者が多く、道経の写経をすることは、書道家の収入ともなっていたのです。
 ちょ遂良もまた、道教に深い理解を示した人物の一人でした。
 道教にかかわる作品として、ちょ遂良には他に『陰符経』と『霊宝度人経』という作品が残されています。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧       臨書教室 1 メニュー

1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
3
 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
11
 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 
13
 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 
14
 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 
16
 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 


現在地

18

 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 
22
 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 
23
 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項