表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室1_メニューの下層にある


臨書教室1 争坐位稿(顔真卿)

( 第22回  争坐位稿(そうざいこう) - 顔真卿(がんしんけい)



 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 


第二十二回   『不朽仰又』  争坐位稿(そうざいこう)  顔真卿(がんしんけい)

 唐王朝が築かれて、九十年あまりたった八世紀の初めに、顔真卿は生まれました。
 顔真卿の一族は、今の山東省の名家で、学問、徳行、文事に秀でた学者の家柄でした。真卿の母方の殷家もまた、儒学と能筆を誇る南朝の名門でした。
 七人兄弟の、六男として生まれた顔真卿でしたが、彼は十歳になる前に父を失い、貧困の中、母方の家で学問に励むことになるのです。
 真卿が四歳の時に、唐の名君玄宗皇帝が即位しています。この後、顔真卿が玄宗、粛宗、代宗、徳宗の四代に仕える忠臣となろうとは、一体誰が予想したでしょうか。
 顔真卿は、二十六歳の時に進士の試験に合格しますが、この後母の死に遭い、喪に服し、官吏としての道は決して順調ではありませんでした。剛直なため、権利を嫌い、上司にうとまれて、すぐに左遷されてしまうのです。
 天宝十四年(載)(755)顔真卿四十七歳の時に安禄山の乱はおこりますが、この時崩壊寸前の唐の救世主として登場したのが、他ならぬ顔真卿でした。
 この忠臣ぶりに感嘆した玄宗皇帝は、終生顔真卿を重用したのでした。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧       臨書教室 1 メニュー

1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
3
 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
11
 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 
13
 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 
14
 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 
16
 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 
18
 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 


現在地

22

 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 
23
 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項