表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室1_メニューの下層にある


臨書教室1 争坐位稿(顔真卿)

( 第23回  争坐位稿(そうざいこう) - 顔真卿(がんしんけい)



 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 


第二十三回  『師長諸侯』  争坐位稿(そうざいこう)  顔真卿(がんしんけい)

 顔真卿の数多く残る作品は、すべて変転の激しかった官界の生活の間に書かれたものです。
 顔真卿の本来の性格は、心が広く、情け深く、度量の大きい「(ひろ)さと(ひろ)さ」を持った人物だったことでしょう。しかし、彼の生きた時代が、混濁した社会だったために、真卿の比類のない芯の強さが、堅牢不抜の書風を生み出すこととなりました。
 『続書断』は、顔真卿の書を評して、
 点は落石のごとく、画は夏雲のごとく、(こう)は屈金のごとく、戈脚(かきゃく)(いしゆみ)で射るようだ
と言い、(つよ)さと重厚さを評価しています。しかし、宋のふつ(べいふつ)のように
 けい(けいけい)が剣をさすり、かい(はんかい)(たて)を擁し、金剛が目をいからし、力士が(こぶし)(ふる)っているようだ。
として「醜怪悪札の祖」と酷評する人もいます。
 いずれにしても顔真卿は、王羲之の典雅な書風に、篆書の骨格を取り入れ、自由な精神をもりこもうとしました。
 その点で、中国書法史上、王羲之とは別流の大家として、後世に大きな影響を与えることとなるのです。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その1 連載一覧       臨書教室 1 メニュー

1
 「千年之聖」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
2
 「皇帝欽明」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
3
 「睿哲参天」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
4
 「孝治要道」 孔子廟堂碑 - 虞世南 
5
 「百尋下臨」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
6
 「南踰丹傲」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
7
 「精盖亦坤」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
8
 「徳豈臣之」 九成宮醴泉銘 - 歐陽詢 
9
 「列坐其次」 蘭亭序 - 王羲之 
10
 「恵風和暢」 蘭亭序 - 王羲之 
11
 「宇宙之大」 蘭亭序 - 王羲之 
12
 「信可楽也」 蘭亭序 - 王羲之 
13
 「羲之忽有」 十月五日帖 - 王羲之 
14
 「前得足下似」 十月五日帖 - 王羲之 
15
 「常耳雖不」 十月五日帖 - 王羲之 
16
 「吾頃胸中」 十月五日帖 - 王羲之 
17
 「年於昧谷」 孟法師碑 - ちょ遂良 
18
 「青雲之衣」 孟法師碑 - ちょ遂良 
19
 「妙道焉法」 孟法師碑 - ちょ遂良 
20
 「冬筍表徳」 孟法師碑 - ちょ遂良 
21
 「有立徳其」 争坐位稿 - 顔真卿 
22
 「不朽仰又」 争坐位稿 - 顔真卿 


現在地

23

 「師長諸侯」 争坐位稿 - 顔真卿 
24
 「人臣之極」 争坐位稿 - 顔真卿 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』に、「高等学校規定課題」として
わたしが書いたものを「臨書教室 その1」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 1 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 2 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項