表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室2 木簡

( 第1回  木簡 )


 「宿歩廣一」 木簡 



第一回   『宿歩廣一』  木簡  筆者不明

 『木簡』

 中国で紙が普及する前に、竹に書かれた文字を竹簡、木に書かれた文字を木簡といいます。 木簡が初めて発見されたのは一九〇一年スウェーデンの探検家スウェン・ヘディンによってでした。 以後西域地方を中心としての発見が相次ぎ、イギリス人探検家オーレル・スタインを始め、日本からも大谷光瑞の西本願寺西域探検隊も参加し、たくさんの発見に貢献しました。

 木簡の発見は、それまでの書道の概念を大きく変える大発見でした。 まずは古代の書が肉筆で学べるようになったことです。

 また木簡の書は隷書が主体ですが、中には草書や行書などの多様な書体が見られ、書体の変遷の経緯がよくわかるようになったのです。


〈 注意事項 〉
  1. 思い切ってのびのび書こう。
  2. 墨は濃いほどよい。
  3. 筆は軟毛の中鋒が適している。
  4. 運筆は、進む方へ筆をおしだしたり、はじき出したりして筆勢をつける。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
現在地

1

 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』 2009年 1月号
「高等学校規定課題」を「臨書教室 その2」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー     1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項