表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室2 木簡

( 第2回  木簡 )


 「四百五十」 木簡 



第二回   『四百五十』  木簡  筆者不明

 『四百五十』

 木簡は主として柳やポプラを材料としています。 軽くて持ちやすく木の肌が白いため、墨の吸収もよいのが特徴でした。

 簡の標準的なものは、長さが約二十三センチ、幅約 1.2cm、厚さ 0.2〜0.3cmです。 一行に二十〜三十字の文字が書かれていますが、文字を多く書く場合は、簡は紐でつなぎました。 紐は麻縄のほか、絹糸や革も用いられました。 その姿をそのまま形にして「冊」という文字が作られ、その簡をくるくると巻いて「巻」という文字が生まれたのです。

 本を一冊二冊と数えたり、一巻二巻と数えるのはそこから始まります。


〈 書法のポイント 〉

 手紙の一節です。 丸みや厚みがあり、太い、 細いの変化が極端に表現されています。
細いところは細く、太いところは太くというように、強弱を考えながら書きましょう。

 四 … 外側を細めにし、内側の点二つを強くして、響きあうように書きましょう。
 百 … 最後の画を短く強く書きましょう。
 五 … 第一、二、三画は細く、終画は開いて太く書きましょう。
 十 … 縦画に全生命をかけるように長く、徐々に太く、最後はどっしりと重量感
      たっぷりに思い切って書いてみましょう。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
現在地

2

 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』 2009年 2月号
「高等学校規定課題」を「臨書教室 その2」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項