表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室3 木簡

( 第3回  木簡 )


 「君足下」 木簡 



第三回   『君足下』  木簡  筆者不明

 『君足下』

 わが国で木簡が使用され始めたのは、七世紀後半頃からと推定されています。 その頃にはすでに紙が使用されており、中国のような木簡単独の時期は知られず、紙と木の併用でした。 また木簡をつないで書物とする冊の類は未発見です。

 当時紙は貴重でしたが、木簡と紙は各々の特徴を活かして相互に使用されたものと思われます。 木は水濡れに強く、手近に原材料の入手が可能で供給量も多く、表面を削れば再び使用できるという利点がありました。

 木簡には文字が記されていますが、古代において文字を読み書きできた階層は、中央・地方の官人や豪族・僧侶などと限られており、役所などで実際に木簡に文字を書き記したのは、下級の実務官人を中心とした人々だったのです。


〈 書法のポイント 〉

全体として丸み・厚みがありボリュームたっぷりに書きましょう。

 君 … 第四画は太く力強く。
 足 … 上部の三角形や「君」下部の三角形の構成に注意。
 下 … 痛快に長くのびのびと。 筆を大きく開いて、徐々に圧力を加え、
      充実感たっぷりに表現する。

先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
現在地

3

 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

このページは、北門書道会の月刊誌『北門書道』 2009年 3月号
「高等学校規定課題」を「臨書教室 その2」と改題して掲載しています。


ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項