表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室6 牛けつ造像記

( 第6回   けつ (ぎゅうけつ)造像記(ぞうぞうき)


 「天上諸佛」 牛けつ造像記 



第六回   『天上諸佛』   けつ 造像記(ぎゅうけつぞうぞうき)  筆者不明

 『天上諸佛』

 造像記の内容は、大半が天上界へ旅立つ愛おしい人の平安を願う文面であり、死後もまた魂は生き続けることを信じる人々の切々とした思いが綴られています。

 この作品もまた、今は亡き息子 けつ (ぎゅうけつ)を思う母の願いが、悲しく胸に迫ってきます。

 願わくば、我が子 けつ (ぎゅうけつ)が輪廻の迷いの境界を離れ、無礙自在(むげじざい)の天上界に遊ぶように。 また、もし生まれ変わることができるならば、天上の仏達のところに生まれますように。 そしてもしこの世に生まれ変わるならば、妙なる歓喜のあふれるところでありますように。 もしも苦患があるならば、すみやかに解脱できますように。 地獄や餓鬼・畜生の三悪道とは永遠に絶縁できますように。 そして、一切の生きとし生けるものが、みなこの幸福を受けますように。

〈 書法のポイント 〉  

 天 … 起筆を鋭く入れ、その勢いのまま筆を運び、収筆まで力が
      抜けないようにする。
 上 … 下を長くして安定感を出す。
 諸 … 転折部は斜め右上方へ突き上げるように運び、一旦止め、
      一画を加え折り曲げるようにして書く。
 佛 … 縦画は同じ力で送筆し、終筆部近くで力を抜いて先を尖らせる。


※ ブラウザで文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
現在地

6

 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2009年6月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2009年 6月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項