表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室9 建中告身帖(顔真卿)

( 第9回  建中帖 〔建中告身帖〕 - 顔真卿(がんしんけい)


 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 



第九回   『外服勞社』  建中告身帖  顔真卿

 『外服勞社』

 幼い頃に父を失った顔真卿は、母の励ましで学問に精進し、教養豊かで詩文も得意でした。 その性格は「弘裕」 (ひろくゆたか) と言われ、忠臣としては「剛直」さでも有名です。

 顔真卿は壮年時代に、革新派の書道家張旭と出会い、書を学びました。

 玄宗皇帝の開元・天宝の時代は過渡期であり、これまでの伝統を守り王羲之を唯一の典型と仰ぐ保守派と、伝統に抗って新しく何かを創造しようとする革新派とが入り乱れていた時代だったようです。

顔真卿の文字は古来、
「点は墜石(ついせき)の如く、画は夏雲(かうん)の如く、(こう)屈金(くつきん)の如く、()発弩(はつど)の如し。
 縦横、(かたち)あり。 低昂(ていごう)(かたち)あり。」
と呼ばれ、徐々に親しまれていきました。

その文字は、一点一両がことごとく男性的な重みと力のこもった剛気が(みなぎ)っていて、しかもどこか渾撲なところがあり、雄大なところに大きな特徴があります。
後のゴシック体のモデルとなった字形として、広く知られています。


〈 書法のポイント 〉  

 外 … 縦画のはねと払いの筆使いに注意。 (蚕頭燕尾
 服 … 形は向勢。 縦画を太く。
 勞 … 力のはねと払いに注意。 (蚕頭燕尾
 社 … 横画のバランスに注意。


※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 

現在地

9

 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 
16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2009年9月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2009年 9月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項