表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室11 温泉銘(唐太宗)

( 第11回  温泉銘(おんせんめい) - 唐太宗(とうのたいそう)


 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 



第十一回   『将天地而』  温泉銘  唐太宗

 『将天地而』

 唐の太宗は名君のほまれ高く、諱を「世民」と言います。

 生まれて間もない頃、父李淵の所へ書生が訪れたときに李世民を見て 「この子は龍や鳳凰の姿を有し、成人後は世の中を治めて民衆を安心させるでしょう。」 と言いました (『新唐書』本紀第二による)。 そのため世民という諱がついたようです。

 太宗皇帝は、父を助けて天下統一の偉業を成し遂げ、唐王朝の基盤を築き上げました。

 書は欧陽詢・虞世南の影響で王羲之の書を愛好し、行書を得意としています。 王羲之の書を愛好するあまり、すべての作品を手に入れようとしたため、当時幻の名作と言われた 「蘭亭序」 を略奪させてまで手に入れたという有名なエピソードが残っています。


※諱 (いみな) …
  (一) 生前の徳行によって死後に贈る称号。 諡 (おくりな)。
  (二) 身分の高い人の実名。 生存中は呼ぶことをはばかった。


〈 書法のポイント 〉

 将 … 腕を大きく動かして躍動感を出しましょう。
 天 … 二画目の方を長く書きましょう。 右払いを伸びやかに。
 地 … 土へんを大きくして、右側を大胆に。
 而 … 横長に作ります。 点の位置に注意。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 

現在地

11

 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 
16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2009年11月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2009年 11月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項