表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室12 温泉銘(唐太宗)

( 第12回  温泉銘(おんせんめい) - 唐太宗(とうのたいそう)


 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 



第十二回   『谷暖先春』  温泉銘  唐太宗

 『谷暖先春』

 太宗は、書の啓蒙をはかりながらも、自ら名蹟の臨書に励みました。

 「古人の書を臨するに、ことにその形勢を学ばず、唯、骨力を求むるにあり。 而して形勢自ら生ず」と言い、「古典を臨書する際、字形はまねないで、本質的な部分を追究するべきである」という臨書に対する自論をも強く打ち出しています。

 太宗は行・草・楷書の各体を能くしましたが、当時流行した飛白 (はけのような筆で、渇筆を表現する一種の装飾書体) をも得意としていました。

 『温泉銘』の温泉は、陜西省臨潼県の驪山温泉のことで、太宗の冬季の保養所でした。 また後には、玄宗皇帝と楊貴妃の遊楽の場所となった「華清池」としても有名です。

 太宗五十一歳の時の作品で、太宗はこの翌年に亡くなりました。 大胆でスケールの大きな筆致は、太宗独特の強烈な個性を表現しています。


〈 書法のポイント 〉

 谷 … 点の方向に注意。
 暖 … 伸び伸びと弾力を生かして、最後の払いは伸びやかに書きましょう。
 先 … 筆の回転を利用してリズムにのって書きましょう。
 春 … 線の長さや太さを意識して書いてみましょう。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 

現在地

12

 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 
16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2009年12月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2009年 12月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項