表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室13 蘭亭叙(王羲之)

( 第13回  蘭亭叙(らんていじょ) - (おう)羲之(ぎし)


 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 



第十三回   『茂林脩竹』  蘭亭叙  王羲之

 『茂林脩竹』

 王羲之は六朝時代を代表する名族の一人であり、歴史上初めて書を芸術の域へと高めた天才として、古くから 「書聖」 と仰がれてきました。 彼の逸話は数多く、すべてが真実とは限りませんが、『世説新語』 には次のように書かれています。

 幼少期、王羲之は口の重い少年でした。 しかし聡明で父の従兄である王導や王敦にかわいがられていました。 青年の頃は一徹で気が強く頑固な性格であり、皇太子には 「歯の鋭い人」 とも評され、その後は 「清らかで気品が高い」 「明晰な見識」 「瓢々として漂う雲」 のような人と評されるようになり、山水の世界に遊ぶ風雅な心境を愛するようになりました。 笛の名器を大切にする反面、音楽を楽しむ境地を邪魔されることを嫌ったり、議論の仕方が手厳しくなったりと、晩年は複雑で気難しい性格だった様子がうかがえます。


〈 書法のポイント 〉

 茂 … 鋒先の表裏を使い筆を動かしてみよう。
 林 … 二つの木の対比を意識しよう。 右払いは伸び伸びと。
 脩 … 月の位置に注意してバランスをとる。
 竹 … 右と左の筆の変化に注意しよう。


※ 「永和九年・・・」 で始まる王羲之のこの書作品は、「蘭亭序」 と表記する場合もありますが、
  ここでは 「蘭亭叙」 で統一しました。

※ 王羲之の真跡は現存しないため、唐代の能筆が臨摸して墨跡や模刻として伝えられている
  ものを臨書しました。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 

現在地

13

 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 
16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2010年 1月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2010年 1月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
    13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項