表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室14 蘭亭叙(王羲之)

( 第14回  蘭亭叙(らんていじょ) - (おう)羲之(ぎし)


 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 



第十四回   『天朗氣清』  蘭亭叙  王羲之

 『天朗氣清』

 弁才 (べんさい) は蘭亭叙を持ち出してテーブルの上に広げました。
 蕭翼 (しょうよく) は息をつめて見入りました。 しかし、彼は静かにいいました。
「禅師、やっぱりこれはいけません。」
彼はでたらめを言いました。
「何を理由にそんなことをいわれるか。」
「王羲之はこんな字を書くはずがありません。」
と、彼はさも専門家らしく次々とでたらめに指摘していきました。
「もういいよ。 しかし、わたしは本物だと信じている。」 と言いながらも、弁才の心は随分動揺したようでした。

 その時、ひとりの僧が来客のあることを告げに来ました。 弁才は、いささかがっかりした後でもあり、蕭翼に対する警戒心も薄れたせいか、「すぐ戻りますから、ゆっくりと見ていてください。」 と言って大切な蘭亭叙をテーブルの上に置いたまま部屋を出て行きました。

 しばらくして禅師がその部屋に戻ってきたときには、蕭翼の姿とともに蘭亭叙は無くなっていました。

 この話は、太宗が蕭翼を指し向け、蘭亭叙をだまし取った有名な話です。


〈 書法のポイント 〉

 天 … 一画目を水平に。 二画目はやや右上がりに書きましょう。
 朗 … 偏は頭大脚小。 旁はその逆になり、譲り合いながら調和します。
 氣 … 横画三本は微妙な差を持った右上がりです。
 清 … それぞれの点画に表情があるので、点画を大切にしながら、
      全体を調和させましょう。



〔 物語の背景 〕

 王羲之の作品の収集家であった唐の太宗皇帝 (在位 626〜649年) は、王羲之の作品の中でも特に欲しくてたまらなかった 「蘭亭叙」 だけが入手できずに、国中を探していました。
 その頃 「蘭亭叙」 は、王羲之の七代目の孫にあたる智永 (ちえい、生没年不詳、隋時代の能書家、真草千字文で有名) が大切に持っていましたが、亡くなる前、智永は 「蘭亭叙」 を弟子の弁才 (べんさい) に渡していました。
 その後、弁才が持っているのではないか、ということが分かりました。
 そこで太宗皇帝は、家来の房玄齢 (ぼうげんれい : 578〜648年) の知恵によって、蕭翼 (しょうよく) という役人を弁才のいる寺 (永欣寺) につかわして、奪い取る計画を立てました。

 上のお話は、その場面です。

 その後、太宗皇帝に献上されたのち、「蘭亭叙」 の真跡 (本物) は太宗の没後、自らの墓に副葬させたと言われています。
 現存する 「蘭亭叙」 は、太宗皇帝の命によって残された複製や臨書で、それらが現在の 「蘭亭叙」 の基本となっています。



※ 弁才 〔辯才・弁財〕 (べんさい) …
  王羲之の七代目の孫にあたる智永が亡くなる時に、蘭亭序をたくされた智永の弟子。 僧侶。

※ 「永和九年・・・」 で始まる王羲之のこの書作品は、「蘭亭序」 と表記する場合もありますが、
  ここでは 「蘭亭叙」 で統一しました。

※ 王羲之の真跡は現存しないため、唐代の能筆が臨摸して墨跡や模刻として伝えられている
  ものを臨書しました。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 

現在地

14

 「天朗氣清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 
16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2010年 2月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2010年 2月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項