表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室15 蘭亭叙(王羲之)

( 第15回  蘭亭叙(らんていじょ) - (おう)羲之(ぎし)


 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 



第十五回   『相與俯仰』  蘭亭叙  王羲之

 『相與俯仰』

 蘭亭叙が書かれたのは、王羲之が会稽内史として任官していた永和九年 (三五三) のことでした。 王羲之は会稽山陰の蘭亭に、四十一名の名士を招いて流觴曲水の宴を開きました。 陰暦三月三日は上巳の節句で、水を浴び身体を清め、曲がりくねった川の上流から杯を流し、自分の近くに杯が来るとそれを飲み干して詩を作るのです。

 そのときの詩は 「蘭亭集」 としてまとめられ、王羲之が序文を書きました。 王羲之は、後日何度も書き直しましたが結局最初の草稿に及ばず、この草稿こそが蘭亭叙の原蹟と伝えられています。

 そして後に、唐の二代皇帝太宗が羲之の書を酷愛し、国中から彼の作品を集め尽くしたことで羲之の地位は不動のものとなっていきました。 王羲之に執着した太宗は、死後自分の墓に全ての作品を埋葬してしまいます。

 つまり蘭亭叙は、太宗の出現と共に唐突にこの世に姿を現し、太宗の死と共に忽然と地上から消滅してしまったため、ますます神秘のベールに包まれているのです。


〈 書法のポイント 〉

 相 … 木偏は縦画上部を長く。目の連続する横画に注意。
 與 … 切れ目なく伸び伸びと運筆しましょう。
      ハの左点は強く張り出し、動きを出しましょう。
 俯 … 点画を大事に明快に書きましょう。
 仰 … 鋒先を利かせてたっぷりと書きましょう。


※ 「永和九年・・・」 で始まる王羲之のこの書作品は、「蘭亭序」 と表記する場合もありますが、
  ここでは 「蘭亭叙」 で統一しました。

※ 王羲之の真跡は現存しないため、唐代の能筆が臨摸して墨跡や模刻として伝えられている
  ものを臨書しました。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 

現在地

15

 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 
16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2010年 3月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2010年 3月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項