表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室16 風信帖(空海)

( 第16回  風信帖(ふうしんじょう) - 空海(くうかい)


 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 



第十六回   『恵止観妙』  風信帖  空海

 『恵止観妙』

 空海は弘法大師とも言われ、平安時代の三筆の一人に掲げられています。 また中国から真言宗を伝え、高野山 (金剛峯寺) や京都の東寺を開くなど、信仰の上でも極めて偉大な人物でした。

 空海には 「弘法筆を選ばず」 や 「弘法も筆の誤り」 など、たくさんのエピソードがあります。 どの話もでたらめに近いエピソードではありますが、面白いので少し紹介します。

 ある時空海が平安京の応天門に掲げる額の字を書きました。 ところが門に掲げてから書いた字に一つ点が落ちていることに気付きました。 弘法さんは悠々と墨を擦りたっぷりと墨を含ませ、その筆を下からパッと投げ上げたら十何メートルも高い所にある額の、その書き忘れた所に的中して正しい字に出来上がり、集まった人々はアッと驚いたということです。

 また空海は 「五筆和尚」 とも言われ、両手両足と口とで筆を五本持ち、一度に五通りの文字を書いたとも言われています。 本当は楷・行・草・篆・隷の五つの書体を立派に書かれたからのようですが、「弘法筆を選ばず」 の言葉も、筆を最も吟味した空海の実際の姿とはかなりかけ離れています。


〈 書法のポイント 〉

 恵 … 心の点の動きに注意しましょう。
 止 … どっしりとしなやかに。
 観 … 呼吸を繋いで最後までねばり強く。
 妙 … 少の斜めの線は伸びやかに長く。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

現在地

16

 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2010年 4月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2010年 4月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項