表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室17 風信帖(空海)

( 第17回  風信帖(ふうしんじょう) - 空海(くうかい)


 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 



第十七回   『仏恩徳望』  風信帖  空海

 『仏恩徳望』

 空海は奈良時代末期、讃岐 (さぬき) の国 (香川県) で豪族・佐伯 (さえき) 氏の子として生まれました。 幼名を真魚 (まお) といったようです。 十五歳で京に上り、十八歳で当時日本唯一の国立大学に入学、儒学を学びながら政府官僚を志しました。 ところが、あるときから空海は当時興隆の仏教修学をめざすようになり、二十四歳のときには 『聾瞽指帰 (ろうこしいき) 』 二巻をつくって儒・道・仏教の優劣を論じています。 せっかくの大学も中退してしまいました。

 その後、畿内や四国各地の難所をめぐり、野宿をかさね、ひたすら苦行を積んだといわれています。

 延暦 (えんりゃく) 二十三年 (八〇四) 三十一歳の空海は留学生 (るがくしょう) に選抜され、遣唐大使・藤原葛野麻呂 (かどのまろ) に随従して入唐 (にっとう) しました。 空海が加わった遣唐使団の中には、天台宗の開祖最澄がいました。 また同じ遣唐使団の中に橘逸勢もおり、空海と同じ道のりで長安に到りました。 後に空海・橘逸勢そして嵯峨天皇の三人は日本の 「三筆」 と呼ばれています。

( 『日本書道ものがたり』 村上翠亭著より )


〈 書法のポイント 〉

 仏 … 偏と旁のバランスに注意。
 恩 … 二画目からの運筆は、上下左右の躍動感を意識して伸び伸びと書きましょう。
 徳 … 「恩」の字と同様に気持ちをつなげて書きましょう。
 望 … 上下運動の連続ですが、筆をしっかりと立てて書きましょう。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 

現在地

17

 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2010年 5月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2010年 5月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項