表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室18 風信帖(空海)

( 第18回  風信帖(ふうしんじょう) - 空海(くうかい)


 「降赴此院」 風信帖 - 空海 



第十八回   『降赴此院』  風信帖  空海

 『降赴此院』

 『風信帖』 は空海が最澄に送った手紙を三通あつめて一巻にしたもので、その最初に 「風信雲書………」 と書き始めているので、『風信帖』 という名がつけられました。

 この 『風信帖』 は、もとは五通あったのに、一通はぬすまれ、もう一通は天正二十年 (一五九二) 豊臣秀次の所望によって進上し、現在は三通になっています。

 二人は教義上のことや最澄の弟子が空海の下に行ったことで、やがて不仲になるのですが、弘仁三〜四 (八一二〜八一三) 年頃は極めて親密な関係でした (最澄四六〜七歳、空海三九〜四〇歳の頃) 。

 空海と最澄はともに遣唐使団に加わり、中国に渡りましたが、二人は別の船に乗ったため、この時は交流がなかったようです。 また空海の留学生の条件は、二十年間の長期滞在でしたが、最澄は一年でした。 しかし空海はたったの二年で日本に帰ってきています。

 空海は青龍寺の恵果和尚から、密教を学び修行に励みました。 空海が青龍寺を訪ねると恵果は喜んで 「そなたに秘法のすべてを伝授したい。」 と言ったそうです。 恵果和尚は三ヶ月間で空海にすべてを伝え、その四ヶ月後に他界してしまいました。


〈 書法のポイント 〉

 降 … 連続する右の斜線はゆっくりと大きく運動する。
 赴 … 走のバランスに注意。
 此 … 一画目の横線はなるべく長く作る。
 院 … 旁の連綿線は、気分雄大にのびのびと書く。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 

現在地

18

 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2010年 6月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2010年 6月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項