表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室19 久隔帖(最澄)

( 第19回  久隔帖(きゅうかくじょう) - 最澄(さいちょう)


 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 



第十九回   『久隔清音』  久隔帖  最澄

 『久隔清音』

 最澄は奈良時代末期に近江国 (おうみのくに 滋賀県) に生まれ、幼名を広野 (ひろの) と言いました。 十二歳で出家、十四歳で国分寺僧として得度。 名前を最澄と改めました。また十九歳のとき、奈良に赴き東大寺で受戒しています。 受戒というのは、得度と違って二百五十戒というたくさんの具足戒を誓って正式の僧侶になることです。

 東大寺で受戒した最澄は、半年ほどのうちに五つの誓い (願文) をたて、比叡山の中の小さな草庵にこもって、厳しい修行をしています。 少なくとも十二年間、最澄はそこに入ったきり外に出てくることはありませんでした。

 この頃の最澄はこんな言葉を残しています。

……これを思うと、私は愚かな人間の中でも最も愚かな人間。 狂える人間の中でも最も狂える人間、頭を丸めてみても心の汚れた生臭い人間、人間の中のくずのくずであります。 ……こんな私が迷い狂う心のままに、何者にもとらわれないことを悲願として、この上もなく尊い仏教の真理を会得するために、金剛のようにこわれない、退くことのない固い誓いをたてました。

 心の潔癖な最澄には、他人を責めるよりも自分を反省する気持ちの方が実に強かったようです。


〈 書法のポイント 〉

 久 … 鋭く運筆し右払いはゆったりと。
 隔 … 偏と旁の微妙なバランスに注意。
 清 … 偏は伸びやかに、旁は幅が広くならないように作る。
 音 … 連綿線はリズムに乗って。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 

現在地

19

 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 
21
 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2010年 7月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2010年 7月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項