表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある臨書教室2_メニューの下層にある


臨書教室21 久隔帖(最澄)

( 第21回  久隔帖(きゅうかくじょう) - 最澄(さいちょう)


 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 



第二十一回   『未知其礼』  久隔帖  最澄

 『未知其礼』

 『久隔帖』 は最初に 「久隔清音」 から始まるので、その言葉にちなみ 『久隔帖』 と呼ばれています。

 この作品は、現存する最澄唯一の書状で、京都の高雄山寺 (後の神護寺) の、空海のもとで修行していた弟子の泰範に宛てたものでした。 当然師匠空海の目に触れるように、意識して書かれています。

 最澄四十六歳のときのものでした。 当時は四十歳になると四十の賀という歳祝いをする習慣があり、五言八句 (四十字) の詩を作って人に贈りました。

 前年に四十歳を迎えていた空海は、自らを祝う詩を作り、最澄にも贈っていたので、最澄はそれに唱和する詩を作ってお返しをしようとしたのです。 しかし、空海の詩の序の中の

「一百二十礼仏並方円図並註義という言葉がわからないので、それを教えて欲しい。 そしてその内容を知った上で和詩を作りたい。」

というのがこの書状の主な内容です。

 また最澄は、この手紙の二日前に直接空海に宛てて教典の借用に関する申し出をし、断られていました。 再び弟子の泰範に書状を書くことで、何とか状況を打開しようとしていたようです。

 最澄と空海はこの後、最澄の最愛の弟子泰範が、空海の元から帰らなかったため、決別してしまいました。


〈 書法のポイント 〉

 未 … 転折を強くし、縦線は短く。点は広く空間をとる。
 知 … 左の転折はしっかりと筆に弾力を持たせる。
 其 … すっきりとのびのびと筆の流れに注意する。
 礼 … 偏は旁に比べてどっしりと。旁はのびやかに書く。


先頭行へ先頭行へ

臨書教室 その2 連載一覧     臨書教室 2 メニュー
1
 「宿歩廣一」 木簡 - 筆者不明 
2
 「四百五十」 木簡 - 筆者不明 
3
 「君足下」 木簡 - 筆者不明 
4
 「妙樂自在」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
5
 「若生世界」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
6
 「天上諸佛」 牛けつ造像記 - 筆者不明 
7
 「天下之本」 建中告身帖 - 顔真卿 
8
 「光禄大夫」 建中告身帖 - 顔真卿 
9
 「外服勞社」 建中告身帖 - 顔真卿 
10
 「不盈不虚」 温泉銘 - 唐太宗 
11
 「将天地而」 温泉銘 - 唐太宗 
12
 「谷暖先春」 温泉銘 - 唐太宗 
13
 「茂林脩竹」 蘭亭叙 - 王羲之 
14
 「天朗気清」 蘭亭叙 - 王羲之 
15
 「相與俯仰」 蘭亭叙 - 王羲之 

16
 「恵止観妙」 風信帖 - 空海 
17
 「仏恩徳望」 風信帖 - 空海 
18
 「降赴此院」 風信帖 - 空海 
19
 「久隔清音」 久隔帖 - 最澄 
20
 「大阿闍梨」 久隔帖 - 最澄 

現在地

21

 「未知其礼」 久隔帖 - 最澄 
22
 「能三観佛」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
23
 「藉此敷栄」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 
24
 「因茲(歹+尓)滅」 光定戒牒 - 嵯峨天皇 

先頭行へ先頭行へ

 北門書道 2010年 9月号 
このページは、
北門書道会の月刊誌
『北門書道』 2010年 9月号の
「高等学校規定課題」を
「臨書教室 その2」と
改題して掲載しています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


臨書教室 2 メニュー    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

臨書教室 1 メニュー

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
   13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24



表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項